横浜の中心を流れる帷子川

私が住んでいる旭区に帷子川という川が流れている。読み方は「かたびらがわ」と読む。帷子川は旭区若葉台に源を発し横浜港に流れる流路延長約17kmの2級河川である。

画像
上流方向


画像
下流方向


画像


写真を見ていただくと分かるように川の両側は綺麗に護岸され、水は相当汚い。水が汚いのは、生活廃水が多く流れ込んでいるからであろう。

この水質にもかかわらず、平成12年の調査では12種類の魚類が確認されたそうだ。驚いたことに当時は鮎や鰻も確認されたと言う。写真の地点は中間よりやや上流に当たるが、魚類を確認したことは無い。時々鴨のような鳥や鵜がいるのを確認しているので、もしかしたら魚がいるのかもしれない。更に4~5km上流では鯉が泳いでいるのを確認している。


植物の方はどうだろう。護岸をした際の植物と後に入ってきた植物が入り混じっているようだ。当初はサツキツツジ、オオイタビカズラ、ピラカンサ、ニシキギ、ヤマブキを植えたようだ。

画像
サツキツツジは一部残っているようだが失敗だろう。


画像

画像
オオイタビカズラは旺盛な成長を見せている。


画像
ピラカンサは手入れしていないので荒れ放題で景観をやや損なっている。


画像
ニシキギはクズなどのつる植物に覆われて衰退気味である。


画像





後から入った植物にはクズ、セイタカアワダチソウ、カヤ、コセンダングサ等の雑草のほか、キリ、ウルシ、アオギリ?等の木本も多く出始めていた。

画像
キリの実がたくさん実っていた。


画像
ウルシの林になりつつある場所もあった。


画像
アオギリらしき植物は成長が早そうだ。



一言で言えば、管理してないので荒れ放題と言ったところだ。


帷子川の上が公園になっている場所もある。
画像



完全に都市型の河川と言えるが、あまり管理されていない点は面白いところです。まあ管理しようも無い箇所が結構あるんですが。今回の散歩では護岸されていない箇所を見つけることができなかったので、機会があれば護岸されていない帷子川を探しに行きたいと思います。最上流に行けば、もしかしたらと言うレベルだと思いますが。また、帷子川について新しい発見があればご報告したいと思います。



最後に川繋がりの記事を紹介します。

神奈川県横浜市侍従川(ろこさん)
http://roko-sasaga1417.at.webry.info/200610/article_10.html

熊本県荒尾市硯川(どんこさん)
http://blog.goo.ne.jp/donko1515/e/d851f93f00402cdd181bbee3ba5c4f64


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2006年11月05日 01:23
名前が珍しくて検索したら、フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』にまで載っていましたが、歴史のある川なんですね。
護岸の植生調査って、面白そうですね。
2006年11月05日 18:52
今晩は
トラックバックありがとうございました。
実は私のTOPを呼んでいただけると解るのですが、以前から見たくないTBが入りますので、頂いた物を確認のうえ掲載しております。今日は外出しておりまして今戻りました。遅くなってしまいましたが掲載しましたので。
帷子川の上流後でゆっくり見させていただきます。
とりあえず御連絡まで。
2006年11月05日 20:10
帷子川、懐かしい名前です。
夫の実家が、保土ヶ谷区でしたので・・・
結婚当初は天王町に住んでいました。
あぶ
2006年11月05日 21:22
matsumaruさん
あんなところにサツキを植えてどうしようと思ったんですかね。景気のいい頃に施工したのでしょう。次回はもっと上流を植生調査してきます!

ろこさん
ご丁寧にご連絡ありがとうございます。侍従川と違って、多様性のある自然は残っていないようです。せめて水は綺麗であればいいのですが。川が原因か分かりませんが、まだ藪蚊が飛んでいたりします。

のんびり猫さん
天王町はすごくご近所ですね。星川の辺りは時々行きます。ではそのうち相鉄線の駅周りの紹介でもしましょう。相鉄線沿いの風景は刻々と変わっていくので面白いかもしれません。
2006年11月06日 13:16
とても興味深く拝見させていただきました。
写真も豊富で説明文も分かりやすく、都会の2級河川の実情が伺い知れました。
克明にレポとされていますので、文明批判や行政批判の一面もあり考えさせられるものがあります。
田舎の川もさすがにこれほどまではいきませんが、似たり寄ったりの傾向になっているのは紛れもない事実です。

「美しい日本」作りは「美しい川」作りから始めてもらいたいものですネ!
あぶ
2006年11月06日 18:37
おっしゃるとおりです!護岸によって、味気ない、生命感のない川になってしまうことは大変嘆かわしいことだと思います。
過去にも紹介したことがありますが、道路政策、ライフライン供給政策についても同様なことが言えると思います。
Hamakko
2010年07月28日 16:02
初めて投稿します。
帷子川に魚がいるのか?の疑問をお持ちと見られますので一報します。
ハイ、鶴ヶ峰駅を起点に川の下流方向(徒歩5分程)ではアユ釣りの竿を振る人も
また上流の都岡交差点(都岡小学校脇)の川中には‘岩魚’と思しき魚影も見られます。 無論大鯉も泳いでいますし、朝夕‘カワセミ’を狙うカメラマンも多くいますよ!
あぶ
2010年07月29日 00:41
Hamakkoさん
初めまして。貴重な情報を有難うございました。釣り人いるんですね、私が見る限りでは釣り人は見たことがありません。確かに浄水場付近はそんな雰囲気がある場所ですね。
岩魚とはびっくりしました。コサギが小魚を食べているのを目にしたことはありますが、魚種が分かるとはいい目をお持ちですね。
私も一時はカワセミを狙うカメラマンでしたが、引越しをしてしまったためご無沙汰しています。たまに懐かしく旭区役所周辺にわざわざ行ったりするほどお気に入りの場所でもあります。有難うございました。

この記事へのトラックバック

  • 帷子川の水鳥たち

    Excerpt: 以前に帷子川の周辺の植物を紹介しましたが、 http://abdul.at.webry.info/200611/article_3.html 今回はその数百m上流に行ってきました。 数百mといえ.. Weblog: ABU’S SHAGADELIC SCRIBBLE racked: 2006-11-09 23:59