横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑のある日、日比谷公園を通りかかる

<<   作成日時 : 2010/08/26 02:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 22

画像


久しぶりに日比谷公園の中を通りかかりました。
とても暑い日でした。
日差しはもうすっかり秋の日差しで、それがまた暑さを助長するような感覚を受けました。




画像


日比谷公園の内幸町側の入り口にはたくさんのヘデラ・カナリエンシスが植栽されているのですが、
そのヘデラ・カナリエンシスが食害されているのを見かけました。
それなりに食害には強い植物ですので、何が食べたのか興味があって見回していました。




画像


しばらく探しているとうす黄色の昆虫(真っ白く写ってしまいましたが)に出会いました。
これはツマグロオオヨコバイの幼虫です。成虫はバナナムシなんて呼ばれてますよね。
ヨコバイというだけあって、横に這って歩くのが速く、すぐに葉裏から葉表に逃げ、
撮影したすぐ後にジャンプをして逃げてゆきました。
成虫がジャンプする印象はありませんが、成虫もジャンプするようです。

ただし、食害の犯人はこの子ではありません。この子は植物の体液を吸うだけですから。
では犯人は誰なのでしょうか?
しばらく探していると、内幸町交番のお巡りさんに声を掛けられてしまいました。
私の様子をずっと見ていたらしく「虫に食べられちゃって凄いでしょ!」と。
話を聞くと2cmくらいの虫が大量発生し、食べていたとのことでした。
バケツを葉の下に置き、葉を篩って虫を捕ると、すぐにバケツ半分くらい取れたそうです。
ただ、今日は探しても全然いないんです。お巡りさんも探してくれましたが、結局見付かりませんでした。
お巡りさんは「ちょっと前まで沢山いたんだけど不思議だねえ・・。」と言っていました。




画像


それでも、昆虫の痕跡を見つけることができました。
これは恐らく、アオドウガネの成虫です。
こちらは鳥やネコなどの小動物に捕食され、消化されずに排出されたものです。
造園関係者に聞くと、3年位前からアオドウガネによると思われる食害が出ているとのこと。
アオドウガネはツバキの若葉を好んで食害する姿をよく目にするのですが、
ヘデラ・カナリエンシスを食べているのを見るのは初めてのことでした。
これも温暖化や猛暑による昆虫の異変なのでしょうかね?
アオドウガネは葉脈だけを残して綺麗に食べるんです。これもまた自然が作り出す芸術ですね。

ちなみにヘデラ・カナリエンシスの葉の匂いをかぐとピーマンのような匂いがします。
アオドウガネはピーマンは食べませんが(多分)、いかにも根っからのベジタリアンといった感じですね。




画像


日比谷公園の住人「ネコ」も、この暑さに参っていました。
花壇の中のバラの木の下で暑さに耐えて寝そべっておりました。




画像


こちらはモッコクの木ですが、ほとんど葉を落としておりました。
枯れることはないとは思いますが、もともと日当たりが悪そうで、
この連日の暑さに加えて雨が降りませんから、植物にとっては非常事態です。




画像


カラスも参っているようで、私がすぐ近くでカメラを向けたのですが、だるそうに動きませんでした。




画像


ヤブミョウガがちょうど見頃(?)でした。写真がよくなくてすみません。
花と実がちょうど一緒に見れる季節のようです。
全ての花にクモの巣が付着していました。クモが住みやすい花序のようです。




画像


公園の有楽町側の門のそばにはデュランタが満開で見頃を迎えていました。
このお花はこの猛暑にも拘らず、どこで目にしても元気です。

話は変わりますが、この花を見るとデュランダルを思い出します。
競馬ファンはすぐに分かると思いますが、スプリンターにしてあの捲くりは無敵でしたね。
9月からはいよいよ秋の競馬が始まりますね。
楽しみというか・・・。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
今日も応援の一票をお願いいたします!




こっちも見てね!



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
別の友達の所でも日比谷公園の写真を見てきたばかりです。 懐かしいわ〜。 アオドウガネは羽が美しく「色虫」の仲間に入っていますが、今年は異常発生でしたか。これだけ植物に害があるとね〜・・その内異常気象の影響で昆虫達の食草も変わってしまいそうですよね。お巡りさんに・・のところではあぶさんが職質されたのかとちょっとドキッとしましたが、一緒に虫の観察で安心しましたよ。
mint
2010/08/26 20:55
こんばんは〜
日比谷公園野フンスイが飛沫をあげて涼しそう〜
今年の夏は暑いですね、お花も昆虫たちも暑さに大変な年ですね
暑さで猫も伸びて大変でしょうね
我が家のはあナミズキも夏の暑さで毎年落葉してしまいます
枯れてはいないようで又葉が新たに出ます
おとと
2010/08/26 21:29
こんばんは
日比谷公園での「事件」。さすがあぶさん、翼気が付きましたね。
でも、バケツ半分の虫って、結構な数がいたようですね。
暑い暑いと言いながら、今年の8月は終わりそうです。
夕立も無い都会の夏は、おかしな夏ですね・・・
YAKUMA
URL
2010/08/26 21:50
日比谷公園に行っても
一般の方の目とは
やはり違っていますね。
さすがあぶさんです。
この暑さではいかなるアベックでもベンチにはいないようですね。
どんこ
URL
2010/08/27 08:26
mintさん
なかなか定期的に見に行ける公園がなくて、日比谷公園が今のホームグランドになりつつあります。横浜発!ではなくなってしまいそう・・・。
私にとってアオドウガネは昔から害虫扱いです。庭木の見た目が悪くなると、苦情の原因になりますから。しかし、今年のアオドウガネの勢いはすごい!逆にチャドクガは少なかったようです。
私も声をかけられた時、ドキッとしました。いやあ別に悪いことはしてないんですよ、ほんとうに。
あぶ
2010/08/27 12:59
おととさん
こんばんは。
噴水の水を浴びたいくらい暑かったです。じっとしていると汗が垂れてくるほど暑かったです。
ビルの樹木も一度は葉を落としますが、すぐに次の葉が出てきます。生きる力って凄いですね。
あぶ
2010/08/27 20:18
YAKUMAさん
こんばんは。
お巡りさんはバケツにとった虫を側溝の水で流したそうですが、羽があるのですぐに出てきてしまったと苦笑いしていました。
本当に雨が少なく雷が鳴らない夏ですね。おまけに台風の話もあまり聞きません。水不足にならないか(もうなってますが)、心配しております。
あぶ
2010/08/27 20:25
どんこさん
こんばんは。
一般の方は身の回りの自然に興味がありませんので。せめて私が興味を持って見ています。
アベックもいないとお思いでしょうが、そんなことはありません。ただでさえ暑いのに、そんなにくっついたら・・・なんて関係ないようで、この夏に勝てるのはこの人たちだけだと思います(笑)
あぶ
2010/08/27 20:31
お天気が続くのは良いことですが、こう暑いとねぇ・・・
人間もつらいですが、植物にも被害が出てかわいそうです。
庭花
2010/08/28 10:36
あぶさんは競馬ファンでしたか?
初耳です(笑)
馬券は買った事がないですが、馬のあの元気な走りが好きなんです。
ツヤツヤの毛並みも・・・。だからテレビ中継はよく見るんですよ。
バケツにとった虫・・・想像しただけでも総毛立ちます。
食害はあっという間に広がりますね。
我が家では茄子がテントウ虫に完全に食べられました。
切り戻したら元気になり始めましたが。
ろこ
2010/08/28 11:24
葉の食害は年によってずいぶんと違いますね!?
以前、我が家の椿には毎年チャドクガの毛虫が大量発生して葉をボロボロに食い尽くしていたのですが、最近は出てきません。
ちょっとした気候の変動で増えたり減ったりするのでしょうね。
環境の変化(悪化?)に疎いのは人間、とりわけアベックさん!?
宮星
2010/08/30 00:05
おはようございます。公園でもこんな観察ができるのですね。アオドウガネを突き止めるとはすごいです。野生の生き物もこの暑さにはまいっているようですね。人間しかり、です。
行き当たりばったり
2010/09/01 07:04
庭花さん
おはようございます。
雨が降ると通勤や外出が億劫ですよね。晴れた日がやっぱりいいですね。
しかし、自然や環境というのは「色々」を好みますね。地面の土はカラカラで生き物たちは悲鳴をあげています。ここいらで一雨あるといいですね。
あぶ
2010/09/02 07:59
ろこさん
じつは昔から馬が好きで、競馬は昔からやっています。幼少のころは、宇都宮競馬が近くて自宅の前を馬が通って、通学時には馬のフンを突いて通学したものでした。
ナスにはテントウムシの害虫が付きますよね。これも無農薬で美味しい野菜が出来ている印です。とは言っても枯れては元も子もありませんから、枯れなくて良かったです。
あぶ
2010/09/02 08:16
宮星さん
おはようございます
今年はチャドクガの被害が非常に少ない年です。造園の仕事から離れてしまいましたが、造園の同僚がそういっておりました。そういうサイクルなのか、異常気象によるものなのか、よくは分かりませんが、害虫でもいつもいるアイツがいないというのは胸に引っ掛かるものがあります。もしかしたらまだこれからかもしれませんし(笑)
あぶ
2010/09/02 08:24
行き当たりばったりさん
おはようございます。
ちまちまと細かい所を見るのは得意な方でして(笑)
そういう見方で公園を回ってみるのも面白いですよ。
今年の生き物の参りっぷりは相当なものですよね。早く一雨来てくれればいいなあと思います。
あぶ
2010/09/02 08:30
こんにちは。
最近は新宿でもいたるところでアオドウガネをたくさん見かけます。大量発生しているのかも。。。
昨年の暮れ、妻が育てている植木鉢の植え替えをしたら時にもゴロゴロと大量に幼虫が出てきてびっくりしました。
ささ
2010/09/02 14:38
早速に気持ち玉ありがとうございました。
異常な気候ですね。
東京のど真ん中のこんな現象を聞くと、先行きが気になります。
今年だけの現象ならよいですけど・・・
我が家のカラスウリも完全に開いたのはごく僅かでした。
ハッピー
2010/09/02 16:10
さささん
アオドウガネが至る所に転がっていますよね。よるは明かりに集まって来るようで、網戸近くや玄関の外回りに見ることも多いです。
先日は電車に乗っていて首がモゾモゾするので、びっくりして何かを掴んだら、それがアオドウガネだったことがありました。
アオドウガネの大量発生は、昨年の暮れに既に準備が出来ていたんですね。
あぶ
2010/09/05 09:57
ハッピーさん
おはようございます。
東京でこれだけ異変を感じるのですから、自然の豊かな場所は尚更ではないかとご心配なことでしょう。わたしもそう思います。
カラスウリにそんな異変があったとは知りませんでした。今年はなかなか情報を得る機会がないのですがもっと色々ありそうですね。
あぶ
2010/09/05 10:03
アオドウガネ、私も見かけることはありましたが、そんなものを食べていたのですね。チャドクガは毎年実家のお茶の木やツバキにたくさんついていたのですが、今年は少なかったように思います。うちでは暑すぎてベランダのヒマワリの種も採れませんでした。
三浦あぼりじに
2010/10/03 23:33
三浦あぼりじにさん
明けましておめでとうございます。
10月に頂いていたコメントのお返しが今になってしまいました。
月日がたつのは早いものですね。
チャドクガは昨年は少なかったのですが、今年は大発生しそうな予感がします。しないにしても何かのしっぺ返しはあると思います。これだけ自然を痛め付けているのですから当然ですよね。今年は自然に恩返しできるようなことがしたいですね、小さなことでも何でもいいので。
あぶ
2011/01/05 23:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猛暑のある日、日比谷公園を通りかかる 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる