横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS しばらくぶりの自然観察 〜横浜市神奈川区、旭区より〜

<<   作成日時 : 2009/01/13 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 36

久しぶりに、本当に久しぶりに近所の自然観察をしました。

ちょっとの時間でしたが、足元の植物と向き合ったのは昨年の9月以来ではないかと思います。

今回の目標は、花を付けた野の花を見付ける事です。さて見付かるでしょうか?




画像

ヒメオドリコソウ(シソ科オドリコソウ属、越年草) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

ヨーロッパ原産の帰化植物です。これはまだ蕾ですね、もうすぐ咲きそうです。





画像

ホトケノザ(シソ科オドリコソウ属、2年草) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

花はおろか蕾もありませんでした。花探しは前途多難??でも、葉の一部か紅葉して綺麗でしょ!





画像

ミドリハコベ(ナデシコ科ハコベ属、2年草) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

こちらも花はなしでした・・・。コイツに期待していたんですが・・・。





画像

オランダミミナグサ(ナデシコ科ミミナグサ属、2年草) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

ヨーロッパ原産の帰化植物です。こちらは花までもうしばらくかかりそう。
でも、私の記録だと1月上旬には蕾を持っていて2月下旬には完全に咲いていますので、
こちらも期待はずれの感がありました。





画像

ヤエムグラ(アカネ科ヤエムグラ属、越年草) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

こちらもまだまだ、結局神奈川区では花を見付ける事はできませんでした・・・。
ちなみに昨年は1月下旬に花を見ていました。

インターネットで検索をしていると、「史前帰化植物」と言う言葉が目に入ってきました。
ヤエムグラは日本の在来植物と思っていたので、帰化植物という言葉が気になりました。
調べてみると、我々が一般的に帰化植物と呼んでいるものは、
江戸末期以降に国外から日本に入ってきた植物のことだそうです。
もう少し詳しくは、新帰化植物、旧帰化植物という分類があり、
新帰化植物が植物が我々の言う帰化植物のことで、
「史前帰化植物」とは旧帰化植物の中の一つで、
主に農耕文化と共に入ってきたと考えられる植物を言うそうです。
ちなみにヤエムグラは麦の農耕文化と共に入ってきたと考えられています。






画像

コナラ(ブナ科コナラ属) 1月11日撮影 横浜市神奈川区にて

こんなものを見付けてしまいました。もう、とっくに落葉していると思っていましたが・・・。
今が紅葉の一番の見頃のような、綺麗な色をしています。
4月頃には新しい若葉が芽吹いてくると思いますが、勤勉なコナラだことです。







神奈川区で見た植物は、ある所に行く途中で見た植物で、実は今回は前に住んでいた旭区の方に行くのが目的で、そのついでの自然観察でした。
旭区と神奈川区を比較すると、旭区の自然の豊かさを改めて感じることができました。やっぱり旭区にそのまま住んでれば良かったなどと思ってしまいます・・・。
その旭区でも、本当に軽くですが自然観察をして帰って来ました。








画像

センニンソウ(キンポウゲ科センニンソウ属) 1月11日撮影 横浜市旭区にて

今回初めて出会った野の花でした。この花って9月頃に咲く花じゃなかったんでしたっけ?
今頃はセンニンソウといわれる所以の、仙人のような髭の付いた実が見られる頃では?
あまりの季節感のなさに、目が合った瞬間思考回路が止まってしまいました。





画像

ジョウビタキ(スズメ目ツグミ科) 1月11日撮影 横浜市旭区にて

旭区に行って見たいものと言えばカワセミでした。
ちょっとの時間でしたが、カワセミを見に帷子川に行きました。
そして、そのカワセミを探していると、藪の中でごそごそ音がしました。
カワセミ? よくみるとジョウビタキの♀でした・・・。

皮肉なことに2年間住んでいながら帷子川で
ジョウビタキを見たのは初めてです(二俣川では見ましたが)。
それをほんの数分の散歩で見付けてしまいました。
お目当てのカワセミには会えず、心残りの気持ちを押し殺して帰りました・・・。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
今日も応援の一票をお願いいたします!




こっちも見てね!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり地元はよかったですか?散歩に出られる余裕も出たようですね。 朝早い時間帯に外に出ることがなくなり、霜柱とかも見るチャンスが薄れたこの頃ですが、散歩途中の日陰に見つけると嬉しくなったり。 小さなお花も見つけて喜んでいます。 また、あぶさんのところで珍しい花、かわいい花を沢山見せて下さいね。 カワセミに会う・・・はまっていますがなかなかいい写真が撮れず・・です。
mint
2009/01/14 12:13
こんばんは
久々の旭区歩きはいかがでしたか。
センニンソウが咲いているなんて、本当に驚きですね。
そこだけ時間が止まっていったのでしょうか?
今日近くの畑際で、フキノトウが地面から出ようとしているところを見かけました。
春なんですかねぇ・・・
YAKUMA
URL
2009/01/14 23:06
地元で自然観察ですね^^
横浜と一言でいっても、地域によって自然の残り具合が全然違うものなんですね。
私は花が咲いてないと野草は見分けられないので、あぶさんはやっぱりすごいですね!
この冬はロゼットにも注目してるんですけど、なかなか識別できません。。
ホトケノザは私の職場の方では、昨年から咲いてます。今日も見ましたよ。
センニンソウはさすがに…。本当に季節外れですよね〜。
humming
2009/01/15 00:55
ホトケノザがありましたか!
この時期野の花が寂しいけど、一輪
位あるだろうと、次回ブログにスペ
ースを残しました。
今年はホトケノザ・オドリコソウ・
姫オドリコソウをこの目でしっかり
憶えたいです。見つけてみます。
ハッピー
2009/01/15 08:07
すぐそこに 春が・・来てますね

散歩が楽しくなりそうです
にしても、寒い〜〜\(◎o◎)/!
garako
URL
2009/01/15 19:49
今晩は。
可愛らしい紅葉に目が止まるなんて流石あぶさんですね。
そう言う気付き方が大好きです。
春を待つ小さな花達がいじらしいですよね。
我が家のピンクと白のホトケノザも蕾を抱えて一休みです。この寒さですから。
センニンソウにはびっくりしました。
ろこ
2009/01/15 23:12
そうそう、こんなのが自然観察というものですね!
だいたいこんなのが生えてますね。
1月は草花の観察はつらい。それでもすぐに木の芽の季節、早い花の季節が来るでしょうけども。
春分
URL
2009/01/16 12:29
こんばんは〜
この寒さの中でも日溜まりでは春の野草が小さなお花を付けていますね
秋を思わせるコナラの紅葉もまだあるのですね
センニン草が咲いているのには驚きでした。


おとと
2009/01/16 22:27
こんにちは。
帰化植物の説明、なるほどと納得しました。
在来種かと思って調べると随分以前に日本にやってきた植物だったり(@@)。
紅葉は今頃まで綺麗に色付いているのがありますね。

昨日、庭の草むしりをしたのですが、沢山の緑の芽がふいていました。あぶさんの画像で確認すると、どうやらオランダミミナグサだったようです。この植物は寒くても元気ですね。
センニンソウはどうしちゃったんでしょう?
野の花
2009/01/17 09:05
カワセミには会えなかったのですね でもじょうびたきが待っていてくれたのですね 良かったね” 暮れのころには菜園で 踊子草の花が咲いていたのですが ここ幾日かの寒さで花はどうなったか見に行ってみたくなりました
千日草が咲いてるのですね 暖かい陽だまりなのですね
グランドマザー
2009/01/17 16:49
6枚目の写真の紅葉は宇都宮の中央公園でも見たのですが、コナラでしたか。
ナラ系は茶色になるイメージですが、コナラは鮮やかな色ですね。
ジョウビタキ、ポッと出て来たところをよく撮れますネー!?
鳥はすぐに飛んでいってしまうことが多く、私にはなかなか撮れません。
宮星
2009/01/17 18:01
花が咲くのを待つ気分は、いいですね〜。
木曜日に帯状疱疹と診断されて、この週末のテニスはお預けです。その代わり、今日はルリビタキ♂、ジョウビタキ♀、カワセミも撮れたんですよ(^^♪
メンバラ
2009/01/17 20:41
こんにちは あぶさん。
この季節こちらでは緑の植物を、
見る事ができませんので、
すごく気持が和みますね。
自然観察いろんな植物を見ると横浜は、
春が近いと感じますね。
動きの速い野鳥の撮影は難しいのに綺麗に、
撮れてますね。
小鳥の撮影私は失敗の連続ですよ。
ピータン
2009/01/18 09:00
忙しさからちょっぴり開放されて
心にもぐ〜んと余裕が感じられているような印象を受けます。
野草への温かな目差しが伺えますよ。
ジョウビタキの雌が丸くなって寒そう。でもかわいいです。

かずくんも順調な成長ぶりで、嬉しいです。
どんこ
URL
2009/01/18 09:01
mintさん
知っている場所と言うのはやっぱりいいです。
子連れでしたので、ディープな自然観察とまでは行きませんでしたが、道端にしゃがみ込んだりするのが楽しかったです。
小さな花探しもしたいのですが、また子供の病気がうつってしまい今週末も家でじっとしていました。
そちらにもカワセミがいましたっけ。カワセミを追っていると時間が過ぎるのも忘れるようですよね!
あぶ
2009/01/18 20:13
YAKUMAさん
旭区ももうYAKUMAさんのテリトリーですよね。
センニンソウは旧道の16号沿いでした。こんな所にもおかしな自然があるんですよね。
今が一番寒い時期なんでしょうが、植物達はもうすぐ春が来ることを感じ取っているんですね。カレンダーを見ているわけでもないのに、大したものです。
あぶ
2009/01/18 20:18
hummingさん
横浜も私が住んでいる神奈川区みたいな場所もあれば、以前住んでいた旭区のような場所もありますし、サワガニがいるような森や広大な田園地帯だってあります。
雑草は仕事半分と言うこともあって、どんな雑草がいつ頃出るのか目を光らせています。ロゼットは特に難しいですよね。ハルジオン辺りのロゼットは似たものがたくさんあって、私も手が付かない状況です。
今日載せた植物は大体いつも咲いているのですが、今回は私の根性がなかったので見付からなかったようです。
あぶ
2009/01/18 20:27
ハッピーさん
咲いてはいませんでしたが、咲きそうな場所を近所でチェックしました。
もうちょっと根気よく探せば花も見つかったんだろうと思いますので、ハッピーさんも根気よく探してみてくださいね!
さすがにオドリコソウは3月ぐらいだと思いますが、他は今もどこかで咲いているはずです!
あぶ
2009/01/18 20:32
garakoさん
こんなに寒いのに、今年一番の寒さなのに、何ではるか近いって分かるんでしょうね?
これからの時期は、花は少ないでしょうが、探せば見付かるのでそれが何とも楽しいですよね!
あぶ
2009/01/18 20:35
ろこさん
写りがあまりよくなかったのが残念ですが、何となくでも分かっていただけてとても嬉しいです。
もう咲いているかななどと考えながら散歩ついでの自然観察がとっても好きです。
ろこさんのお宅のホトケノザもお鼻は一休みですか。この寒さで花が見付かりにくかったんですね。
あぶ
2009/01/18 20:41
春分さん
子供が生まれる前までは毎日のようにこんな事ばかりしていました(笑)
道路脇とかで人がたくさん通ってもお構い無しです。
そうなんです、1月は本当に辛い時期なんです。それだけに見つけたときの喜びも大きいですね。ある意味夏より冬の方が好きです。
あぶ
2009/01/18 20:45
おととさん
この季節でも花はあるはずだと探したのですが、今回は残念でした。
それにしても驚いたのが、夏や秋にあるような植物に思いがけず出会ってしまったことです。
先日、山手線に乗ったのですが、確か有楽町辺りのトチノキの葉がまだ付いていました。
あぶ
2009/01/18 20:49
野の花さん
細かい所まで読んでいただけて恐縮です。
帰化植物の歴史と言うものがぼんやりとしていましたので、私自身調べてみようと思いました。
落葉樹に年中葉が付いていると、休む暇もないのかと心配してしまいます。
今の時期でもこの辺りの野の草達は生長しますので、やはり草むしりは必要になってきますよね。
センニンソウには目を疑いました。逆に仙人を見ることができなかったです。
あぶ
2009/01/18 21:01
グランドマザーさん
2年間観察をしていて、一度もジョウビタキを見たことはなかったのですが・・・。逆に何度も見たカワセミに会えなくて残念でした。
次回機会があればまた見に行きたいと思います。
ホトケノザやヒメオドリコソウは1月だけは一度花がお休みになる時期のようです。一番花を見つけにくい時期です。
またもう少しすれば花の季節になってくると思います。
あぶ
2009/01/18 21:08
ホトケノザはウチの方ではもう咲いていますが、センニンソウにはびっくりです。どうなっているのでしょうねぇ
のんびり猫
2009/01/18 21:09
宮星さん
宇都宮にもこんな紅葉がまだありますか!
恐らくはコナラかミズナラだと思います。探せばあるんですね。
私もうっかりしていましたが、普通はならの葉の紅葉の色は茶系から暗いオレンジ系ですよね。今年は紅葉の色がいいと各方面で聞きましたが、紅葉の当たり年だったんでしょうか。
横浜の鳥は人馴れしてるとしか言いようがありませんが、この時ジョウビタキとの距離は3mくらいだったと思います。何か特ダネはないかと探していた最中でしたので、素早くシャッターを切ることができました!
あぶ
2009/01/18 21:14
メンバラさん
花が咲くか咲かない頃をうろうろするのがいいんですよね!
帯状疱疹は思ったよりもずっと厄介な病気なようです。お辛いでしょうが、早く治ることをお祈りいたします。
メンバラさんの所はたくさんの鳥が見れて羨ましいです。先日遠征して、初めてルリビタキの♀と思われる鳥を見ました。
あぶ
2009/01/18 21:20
ピータンさん
少しでも和んでいただけてとても嬉しいです。
こちらでは逆に季節感がなくなっているのが残念な気もしていますが、和んでいただけることもあるので良しとします。
私もまだ春は感じませんが、植物は敏感に感じ取っているようです。ピータンさんのところも確実に春が近付いていると思いますよ。
住宅地の鳥は人を恐れないようで、近付いても結構逃げないようです。鳥との距離は3mほどだったと思います。
あぶ
2009/01/18 21:25
どんこさん
久々に地元でゆっくりできて、余裕が出たのかもしれません。
お正月も何と忙しく、病気をしたりしてましたし。
>野草への温かな目差しが伺えますよ。
ありがとうございます!
息子も順調ではあるのですが、保育園で風邪をひいては休んでの連続で大変です。終いにはそれをうつされて、私も病気三昧です・・・・。
あぶ
2009/01/18 21:36
のんびり猫さん
ホトケノザ、咲いてますか!
ヒメオドリコソウはどうでしょう?確か白花もありましたよね。
センニンソウが咲いてるのを目にしたときは、動きが止まりました。
絶対おかしいですよね!
あぶ
2009/01/18 21:39
おはようございます♪
横浜市の近所の野草は懐かしかったですか。
私もあぶさんの野草の写真を懐かしく見させていただきました。
センニンソウにはびっくりです。
カワセミはこちらではよく見かけます。
そちらでも見つけられるといいですね。
仕事に育児にお忙しいことでしょうが 又楽しみにしています。
かなた
2009/01/19 11:16
久しぶりの地元のお散歩楽しまれたようですね。
野の花は寒さに恐れをなしてつぼみを閉じてしまったようですね。
アブサンの野の花を見る視点はすばらしいです。
今頃センニンソウが咲いているなんて
hiro
2009/01/21 22:27
かなたさん
勝手を知っている場所ですので、とても懐かしく楽しく散歩することが出来ました。久しぶりでしたので尚更でした。
センニンソウは私がかつて住んでいた場所から50mくらいの場所で見つけました。住んでいたときには気が付かなかったのに、こういう不思議な事がよくありますよね。
カワセミが近所にいれば最高なのですが、入江川はとても小さな川で、周辺の自然も貧しいのでまずいないとは思います。すこし出かけて大きな川で見つけられれば幸せです。
あぶ
2009/01/23 12:47
hiroさん
はい、楽しく散歩できました!続けてと思っていたのですが、このところ風邪引きが長引いてしまって、安静にする日々です。
ちょうど野の花が休みの時期に散歩に出てしまったようで、苦しい観察日記になってしまいましたが、花を見られるとは限らないところがまたいい所だと思います。
あぶ
2009/01/23 12:51
^^春の訪れを待つ植物たちにたくさん出会えましたね。足元には色々な植物があるのですね・・・いつも、あぶさんの記事で驚かされています。気付かずにいつも通りすぎているので、時には立ち止まる心の余裕を作れたらと思います。
そろそろ梅が咲き出すころでしょうか?今年も大倉山の梅林に行く予定です。
Moon Light
2009/01/24 21:29
Moon Lightさん
春を待ちきれずか、春の訪れに合わせてか、足元にはもうこんなに野の草が茂っているんです。下ばかり見ていますので、下のことにはちょっとうるさいんです。前も見なきゃ危ないですよね。
最近の私もそう、身の回りをちょっと余裕を持ってみる時間がなくて・・・久しぶりに向き合った気がします。
もう梅は結構咲いていますよね。大倉山の辺りも・・・。私も行ってみようかな、梅林かあ見に行ったこと実はないんです。
あぶ
2009/01/25 20:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
しばらくぶりの自然観察 〜横浜市神奈川区、旭区より〜 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる