横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ秋を感じてきませんか?

<<   作成日時 : 2008/08/26 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

お盆後も残暑が続いておりましたが、ようやく涼しい夜がやってきましたね。

その涼しさと共に、子供がどこからか風邪を貰ってきて、大人達もそれを貰ってしまい、結構大変な日々を過ごしておりました。

でももう、みんな快方に向かっているので大丈夫!久しぶりにブログ更新です。



画像

夏の盛りから秋にかけて大型のアゲハチョウが飛翔ていますが、
その姿は堂々としていてついつい眼を奪われます。
この日もたまたま大きなキアゲハを見つけました。
羽音が聞こえてきそうなぐらい大きなキアゲハでした。





画像

ツマグロヒョウモンと共に飛んでいるのですが、一回り小さく、気持ち忙しく飛ぶ蝶がいました。
やっぱり、ヒメアカタテハでした。
ツマグロヒョウモンはたくさん飛んでいて写真に撮る気も出ないのですが、
あまり飛んでいない蝶は、別に珍しくなくても撮りたくなってしまうものです。





画像

初めて見る蝶でした。ブロブを本格的に始めて3年くらいになりますが、初めて出会いました。
イチモンジセセリよりは一回り小さく、翅をパタパタさせてる割に飛ぶのが遅い印象でした。
しかし、不思議なものでこの蝶を見た数日後、別の場所で見ることが出来ました。
この蝶の名前はキマダラセセリと言うそうです。可愛いセセリですよ!





画像

去年、この場所でウラギンシジミを見たなあ・・・そう思い出していたら、いたんです!!
今回は遠くからしか撮れませんでしたが、まさしくウラギンシジミの♀です。
食草を調べて納得、クズやフジの花、果実なんだそうです。





画像

エノキの木の周りを忙しく飛んでいる蝶がいました。
「多分ゴマダラチョウでしょう。」そう思いながら遠巻きに眺めていると、
白い大きなゴミのようなものが、空から落ちてきました。
そして、エノキの葉にピタリとくっ付いたのです。
そして、大急ぎで近付いて撮ったのがこの写真です。
オオミズアオと言う蛾です、蝶ではありません!
でも、とても堂々としていて綺麗な蛾でした。
皆さんもそう思いません???





画像

この幼虫、すごいグロテスクな容姿ですが、実はこれ蝶の幼虫です。
前段の蛾が飛んできたエノキの木で見つけました。
てことは・・・ゴマダラチョウの幼虫???
家に帰り調べてみると、オオムラサキ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラの
どれかであることが分かりました。
でも、オオムラサキとは明らかに違います。
飛んでいた蝶はゴマダラチョウのようでしたから、ゴマダラチョウだろうと思っていましたが、
どちらかと言うとアカボシゴマダラの特徴に近いことが分かりました。
(尾の先が閉じていて、大きな角と小さな角の間にラインが入っていないのがアカボシゴマダラの特徴)
この結果には相当がっくり来ました。ではあの忙しく飛んでいた蝶は何者???
次回詳しく調べてみようと思っています。









ではここからは植物編です。問題形式で行って見ましょう!

画像


答えはここ→キツネノマゴ←ドラッグしながら撫でてみよう
(横浜市港北区にて、8月18日撮影)

こちらの花も秋の野を代表するような花なんですね。今頃から咲く花って意外と少ないことに気付きます。






画像


答えはここ→スベリヒユ←ドラッグしながら撫でてみよう
(横浜市泉区にて、8月8日撮影)

どこに行ってもこの草が目だって出ています。先月は影も形もなかったのに・・・不思議です。






画像


答えはここ→ザクロソウ←ドラッグしながら撫でてみよう
(横浜市泉区にて、8月8日撮影)

この植物も急に発芽して急に咲きだした口の花です。






画像


答えはここ→サンゴジュ←ドラッグしながら撫でてみよう
(藤沢市にて、8月8日撮影)

この実がこの植物の名前の由来になっていますが、なかなか見ることが出来ませんでした。






画像


答えはここ→アメリカタカサブロウ←ドラッグしながら撫でてみよう
(藤沢市にて、8月8日撮影)

なかなか国際色豊かな名前ですが、やはり外来草本です。




子供が持ってくる風邪は厄介ですね。ただの風邪にこれだけ苦しんだのは記憶がありません。

夜は涼しいどころか寒いくらいです。皆さんもお風邪など引かれぬよう、ご注意くださいませ・・・。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
今日も応援の一票をお願いいたします!






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。いよいよチョウたちの季節ですね。きれいな写真は、図鑑以上ですね。ここまで来ると、幼虫もすごい---。
 こんなお花のプレゼンも面白いですね。新しい発見です。
 また、カゼをひいたとのことですが、どうぞ、ご自愛を。
行き当たりばったりの花日記
2008/08/27 06:03
忘れかけているはなや蝶をいつもあぶさんの所で思い出させて頂いております。
今年は蝶が多いですよね。
でも忙しくてなかなか撮れません(;一_一)

夏風邪は一苦労ですね。
でも良かったです。
皆さんお元気になられて。どうぞ無理をなさらずに。
夏の疲れも出る頃ですから。
ろこ
2008/08/27 09:55
蝶や花にはいつみても心が和みます。嬉しく拝見させてもらっています。

あぶさんも風邪ですか。大変ですね。
現役で簡単には休めないだけに大変ですね。
わたしもまだ病院通い中です。

お互い気をつけましょう。
どんこ
URL
2008/08/27 11:53
ご一家で夏風邪だったんですか!?
電車の中でも風邪をひいている方があり、私も毎日恐々としています。
保育園かどこかでもらってきたんでしょうか?
ここ数日涼しすぎましたからねぇ・・・
お大事になさってくださいねー!
この時期も小さな野草の花がいろいろ咲いているんですね。
とても名前は覚え切れませんが、あぶさんの写真を見て「ほ〜ぅ、こんなのもあるんだぁ・・・」と感心するばかりです。(^-^;
宮星
2008/08/27 13:40
こんばんは〜
和君」風邪をひきましたか?親にとって子供は病気は心配ですね
快方に向かい良かったですね、もう親の免疫も切れたでしょうからうっかりするとすぐに熱を出しますね、くれぐれも気を付けてくださいね
半年ぐらいで突発性発心にかかる子が多いので、あわてずにね

野に出るとたくさんの野草が咲いているのですね、今年は暑さであまり散策にも行きませんでしたので、野草は楚々と咲くところがいいですね、
おとと
2008/08/27 20:22
アカボシゴマダラの幼虫?は何者か私にもわかりませんが、博物館の昆虫教室で教えていただいたところ、その辺に飛んでいるアカボシは日本古来(奄美大島近辺)のものではなく、外国(東南アジアの辺?)から人為的に持ち込まれたものだそうです。春型で赤い紋が抜けているのもこれだそうです。アカボシは子供が採集しましたが、やはり飛ぶスピードは速いです。
三浦あぼりじに
2008/08/27 21:51
こんばんは、久しぶりのドラッグクイズですね。
今回は、ほぼ正解でした。満足です。
例のアカボシゴマダラの幼虫ですね。
しっかり繁殖を続けているんですね。

風邪は大変でしたね。急に涼しくなったから身体がついていきません。
なんとなく喉の調子がおかしいです・・・
お大事にしてください。
YAKUMA
URL
2008/08/27 23:26
行き当たりばったりの花日記さん
ご訪問有難うございました!巨大な蝶がそこら中を飛ぶ季節になりましたね。図鑑以上とは褒めすぎですよ。幼虫は探すのが仕事のようなものです。
植物名はこうやって名前を隠されると意外と出てこないものです。ここにやってくる人たちでさえ。
夏風邪はなかなか完治しないです。もう大丈夫ですけど。ご心配有難うございます!
あぶ
2008/08/28 06:25
ろこさん
ろこさんも今年は蝶が多いとお感じになっているんですね。実は私もです。蝶は時間を割いてじっくり腰をすえないと、なかなか撮れませんよね。
先日は治りかけの子供が夜中に2回も戻して、とても驚きました。でも、それだけで今は元気です。夏風邪は厄介ですね。なかなか抜けず、どこか具合が悪いです。ろこさんもお風邪など引かぬようお気をつけ下さい。
あぶ
2008/08/28 06:31
どんこさん
どんこさんの元気ですか?
体調が優れない日々が続いているらっしゃいますね。ご無理をなさらないで静養して下さいね。
写真もいいですが、やはり実際飛んでいる蝶やセミ、蜂などを見ていても心は落ち着きますね。昆虫で癒されてしまう私です・・・。
あぶ
2008/08/28 06:35
宮星さん
そうなんです。ちょっと歯車が狂っただけでも大変なのに、一時は妻が大車輪で迷惑をかけてしまいました。
夏風邪もしかして流行ってるんでしょうかね?
そうそう、あの寒さにやられた気もします。うちって窓全開で寝ますから・・・。
有難うございます。宮星さんもお気をつけて!
>とても名前は覚え切れませんが、
>あぶさんの写真を見て
>「ほ〜ぅ、こんなのもあるんだぁ・・・」
>と感心するばかりです。(^-^;
私もそうですよ、ぜんぜん覚え切れません。いつかは覚えるのかなあ?
あぶ
2008/08/28 06:41
おととさん
親の免疫が切れてからは鼻垂れ小僧です。
先日は夜中に2度戻して、とても心配しました。
次の日はケロッとしていましたけどね。
突発性発疹は常々心配している所です。体温の異常な熱さに驚くようですね。浮き足立ってうろたえぬ様いつでも構えておきます。
色々とご心配を有難うございました。
今年は何しろ暑かったですね。なかなか野の花に気分が行く余裕もないですよね。"野の花は楚々と咲くところがいい"まさにその通りです!!だから、この楚々しさを伝えたくなってしまいます。
あぶ
2008/08/28 06:48
三浦あぼりじにさん
アカブシゴマダラとゴマダラチョウの幼虫は大変似ていて区別しづらいですよね。
アカボシゴマダラはゆっくり舞うように飛ぶところしか見ていなかったので(早く飛んでたら同定で来ませんし)、エノキの周りを素早く飛ぶ蝶はてっきりゴマダラチョウかと思ってしまいました。いずれはどちらの蝶なのかはっきりさせたいと思っています。
あぶ
2008/08/28 06:52
YAKUMAさん
そうですね、久しぶりでした。
私自身が忘れてしまう所でした!
ほぼ満点、さすがですね!!次回はもっと難しいのを作ってきましょう!
アカボシゴマダラの繫殖の早さに正直驚きました。昨年は見なかったのですから。
ご心配有難うございました。この所夜がとても涼しいのに、窓全開で寝ておりました。
そうそう、私も喉から来て、耳、鼻、気管、お腹に回ってきた感じです。今は鼻詰まりと咳、あとお腹の調子も少し。
YAKUMAさんもお風邪かもしれませんね。体調がちょっとおかしい時のケアが重要になってまいりますので、無理なさらずしっかり治療なさってください。
あぶ
2008/08/28 07:00
おはようございます。
夏風邪をひいていたのですか?元気になられて良かったです。私も先日まで喉が痛かったのですが、いつの間にか直ってました。
キマダラセセリは家でもよく見かけます。可愛い蝶ですね。アカボシゴマダラらしい幼虫は見た事がありません。気がつかないのかもしれませんが・・里芋の葉につく凄い大きな芋虫を先日みて蛇かと思ってしまいました。植物問題はなんとかわかりました。サンゴジュは近くの公園に咲いてます。
あんこ姫
2008/08/28 08:03
こんにちは〜
夏風邪をひいてしまったのですか?
それは大変でしたね。
急に涼しくなってしまいました。
体調管理も難しい時期です。
蝶は最近花の傍よりも、葉の上を飛んでいることが多いです。
産卵場所を探しているのかも知れませんね。
sumire
2008/08/28 16:10
ゴマダラの赤ちゃん!と思ったら、アカボシでしたか。アカボシは本来、東アジアに生息する蝶で、日本には何者かが持ち込んだ物が定着、繁殖したものだと読みました。かなり生息地が広がってきているようですね。 オオミズアオはとてもきれいですね〜! スベリヒユの若葉はお浸しで食べられますよ。ちょっと酸味が利いています。
mint
2008/08/28 22:16
いろいろな蝶、なかなか名前が覚えられないんです。
せせり蝶は、黒目が大きくて、カワイイですよね。
おおきな蛾、前に、自転車に乗っていて、
こぶしの木の下をくぐろうとした時に目の前に!そう、この色でした。
オオミズアオという名前だったんですね〜。蛾はちょっと、苦手です。
僕の風邪をもらってしまったんですね。
急に寒くなって、体調も崩しやすいですよね。
無理せず、お大事にしてください。
*kotokoto*
URL
2008/08/29 00:40
あんこ姫さん
実は、風邪はまだ引きずっています。夏風邪はしつこいですね。
あんこ姫さんは風邪が軽く済んで良かったですね!
そちらにはキマダラセセリがたくさんいそうですね。私は初めて見ましたよ。でも今年は2回見ました。増えてるのかな?
アカボシゴマダラの幼虫は結構厳つい感じです。知らない人は駆除してしまいそうです。里芋に大きな蛾の幼虫付きますよね。確かに模様が奇抜で危険な雰囲気を出していますが・・・。
植物問題分かりましたか?さすがです!!次回はもうちょっと難易度上げちゃいますので、首を洗って待っててください(笑)
あぶ
2008/08/30 00:10
sumireさん
夏風邪は厄介ですね、ずるずる引きずっています・・・。
寝る間際は蒸し暑いのに、朝方は冷え込んでいる日が多くなっていますよね。
蝶も時期によっては飛ぶ場所が違ってくるんですか、さすが観察力が鋭いですね。なるほど、そうかもしれません。目的なくヒラヒラと飛んでいるように見える蝶ですが、ちゃんと目的を持って飛んでいるんですね!
あぶ
2008/08/30 00:14
mintさん
見つけた喜びも一瞬でしたよ。
我々が関東で見ているアカボシゴマダラは東南アジア型なんですね。
ゴマダラチョウへの影響の心配もありますが、日本のアカボシゴマダラとの交雑の心配はないのでしょうか?
スベリヒユ、私も食べてみたいとは思っているのですが、道端のものでは何がかかっているのか分からないので遠慮してしまいます。山形のほうでは売られていると聞きました。
あぶ
2008/08/30 00:31
*kotokoto*さん
蝶の種類多いですものね、私も覚え切れません。
アゲハチョウの仲間でさえ全部覚えられない始末です。
セセリなどは小さな頃は見向きもしなかったのですが、この年になるとむしろそちらの方に目が行きます。
蛾と蝶の違い、何だろうと考えましたが、何なんでしょうね?私も蛾の方が前々苦手です。蝶はよくて蛾はだめ、なかなか説明しづらいことです。
有難うございます。今週は静養に努めます。*kotokoto*さんもお風邪など引かぬようご注意なさってください。
あぶ
2008/08/30 00:39
オオミズアオは翅に痛みもなくて、きれいですね〜。
夏型のアゲハたちは、デカイですね。伊豆でモンキアゲハを捕虫網でつかまえたときには、鳥をつかまえたみたいな手ごたえでした。
メンバラ
2008/09/04 22:44
メンバラさん
夜の街灯に集まる虫は傷ついているものが多いですね。
まだ生まれたばかりなのか、落ち葉が落ちるように飛んでいました。
モンキアゲハ、とってもデカイですよね。アレだけ大きな翅を動かすのですから力も相当必要なんですね。でも、鳥のような手ごたえはちょっと想像できません・・・。スゴイ!
あぶ
2008/09/06 09:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そろそろ秋を感じてきませんか? 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる