横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜市泉区で出会った植物たち・・・

<<   作成日時 : 2008/05/16 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

更新がまたしばらくぶりになってしまいました。思うように行かず、歯がゆい毎日です。

週に1回は更新したいです。蝶などを1日中追っていい写真をお見せしたいなあなどと思っているのですが・・・。





画像

チチコグサ (キク科ハハコグサ属) 横浜市泉区にて

最初はタチチチコグサだと思って撮ってきたのであるが、チチコグサの方に似ています。
チチコグサ、タチチチコグサ、セイタカハハコグサなどの写真や説明を何度も何度も読み返してしまいました。





画像

ヒメハギ (ヒメハギ科ヒメハギ属) 横浜市泉区にて

僅かに咲き始めました。満開を迎えると、これが素晴らしく綺麗なんです!
また満開になりましたらお知らせしますが、何せ全部刈ってしまいまして・・・。





画像

ミヤコグサ (マメ科ミヤコグサ属) 横浜市泉区にて

ミヤコグサの名前は、かつて京都市東山区の耳塚付近に多かったことで付けられたとの説があります。
花の形が烏帽子(えぼし)に似ていることから、別名エボシグサとも呼ばれています。





画像

トウバナ (シソ科トウバナ属) 横浜市泉区にて

茎の先に花を輪状に数段付け、塔のように立ち上がる花穂をつけます。
かなり目立たない花で、また目立たない影や隅に生えるため見過ごしがちです。





画像

ヨツバムグラ? (アカネ科ヤエムグラ属) 横浜市泉区にて

ヤエムグラ属とても難しい・・・、ヒメヤエムグラかも・・・。また勉強してきます・・・。





画像

カナビキソウ (ビャクダン科カナビキソウ属) 横浜市泉区にて

草地に生える多年草ですが、実は他の植物に寄生し、また光合成もする「半寄生植物」です。
この植物は昨年ハッチさんに教えてもらった植物です。
花びらは3裂から5裂すると言う優柔不断な植物でもあります。





画像

コケリンドウ (リンドウ科リンドウ属) 横浜市泉区にて

コケリンドウが登場するのは今年何回目になるでしょうか?もう3回目だったかな?
綺麗なお花なので何回も出してしまいます。
春に咲くリンドウは、この他にハルリンドウとフデリンドウがありますが、
どれもよく似ているのが頭の痛いところです・・・。





画像

チガヤ (イネ科チガヤ属) 横浜市泉区にて

「世界最強の雑草」の称号を持つ植物です。こんなに穂を出されたら、お客様から苦情が・・・。
この植物、なかなか書くことが多いので本当に簡単に書き連ねます。
古事記や万葉集に出るほど歴史があります。茎葉は屋根を葺きました。根は食用でした。
サトウキビに近く、噛むと甘いそうです。花穂は強壮剤、茎根は利尿剤になります。
成熟した穂は火口(ほくち)に使われました。乾燥した茎葉を梱包材とした事もあるそうです。
また粽(ちまき)は笹の葉でくるんだものですが、もともとは「茅巻き」で名の由来となっているそうです。





画像

カキネガラシ (アブラナ科カキネガラシ属) 横浜市泉区にて

この独自な外観の植物は以前より気になっていました。ヨーロッパ原産の帰化植物だそうです。





画像

カキネガラシの花です。先端にちょこっと咲くのですが、これはなかなか綺麗です。





画像

オニタビラコの茎の変形

もしかしたら帯化現象?単に茎の中に虫が入ったのかもしれません。興味深い造形です。





画像

ツマグロヒョウモン

今年見たのは2回目ですが、何とか証拠写真です。
今日はその他にもモンキアゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、
あと何か分かりませんがセセリ、シジミ、ジャノメを見ました。
蝶の季節は確実にやってきていますよー。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
今日も応援の一票をお願いいたします!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。どの画像もすばらしくて見惚れてしまいました。
素晴らしいです。しばらくのうちに格段腕前をあげられましたね。野の花はしっかり生きているな〜と実感がわいてきます。我が家の近所ではチチコグサは見かけたことがありません。チチコグサモドキばかりです。
目黒のおじいちゃん
2008/05/17 05:04
名もない花などと言うと怒られそうですが・・・・・
覚えられなくて・・・・「あの花か」なんて思いながら見ました。
ウチのほうもツマグロヒョウモン見かけるのですが、撮らしてもらえなくて・・・・(笑)
のんびり猫
2008/05/17 12:09
大先輩のあぶさんでも歯がゆい気持ちになるのですね。
珍しい花を見せて頂いて感謝です。特にオニタビラコの退化現象?はユーモラスで、ビラコさんが疲れた〜〜と言って腰をさすっているみたいです。蝶の名前も知りたいので頑張ってお願いします。
あんこ姫
2008/05/17 18:29
見たこともない野の花達です。
野の花とはいえ、美しいものですね。
ナンテ、私この頃カメラに写る野の花に
嵌ってるのです。けれど名前は憶えられません。
ハッピー
2008/05/17 21:46
こんばんは
チチコグサは、あまり観察したことがありません。
面倒くさいものは、つい後回しにしてしまいます。
ヒメハギが横浜でも見られるのですね。
私も探してみます。
YAKUMA
URL
2008/05/17 23:07
相変わらず小さな見逃してしまいそうな花をきちんと捕らえていらっしゃいますね〜。ただただ関心するばかりです。ミヤコグサの色がとても鮮やかですね。ツマグロ、もう見ましたか?アオスジはこちらでも飛んでいますよ。今年はクスノキを見つけてぜひアオスジの観察にチャレンジできるといいですね〜!
mint
2008/05/18 00:21
あぶさんの「雑草」の写真はまるで園芸花のように見えますねー!?<ミヤコグサ><トウバナ>にホレボレ!(笑)
<オニタビラコの茎の変形>はいつかののんびり猫さんの写真と同じような変形(奇形)かな?
宮星
2008/05/18 00:55
こんにちは。
う〜ん、難しいですね。チチコグサというんですか?
見たことがあるような無いような(^^;
普段、あんまり意識せず、通り過ぎてしまうんですね。
ヒメハギ、ミヤコグサ、トウバナ、私も探してみます。
野の花
2008/05/18 21:05
目黒のおじいちゃん
有難うございます。いい写真をと日々努力した甲斐がありました。
格段に腕を上げたとは思いませんが、皆さんの綺麗なお写真に触発されたことは確かです。
チチコグサについて調べているときに見た記事の話ですが、チチコグサはタチチチコグサ、チチコグサモドキにより数を減らし、現在ではその2種もウラジロチチコグサに住む場所を奪われているとか。チチコグサの生きられる場所は本当に限られてきているようです。
あぶ
2008/05/19 22:16
のんびり猫さん
気にしていただけるだけでも、嬉しいことです。
名前は少しずつ、少しずつ覚えれば、、、覚えなくても困ることはありませんし。
私もやっとの1枚です。あとは見たものを書き連ねるしか、憂さ晴らしの方法がなく・・・。
あぶ
2008/05/19 22:19
あんこ姫さん
大先輩だなんて止めてください、恥ずかしいです。
少し前には出来ていたことが出来ないものですから・・・。
でもそんなに深刻ではありませんので、ご心配有難うございます。
オニタビラコは疲れて腰をさすっているように見えますか?成る程そのように見えますね!
蝶は時間をかけないといいものが撮れないんです。鳥も同じです。今はこの2つが全然駄目です。何とかしてご期待に沿えるよう頑張ります!
あぶ
2008/05/19 22:32
ハッピーさん
取りあえず、片っ端から野の花を撮ってみてください。
それから、撮ったものをブログに掲載してください。
それだけでも良いと思います。ハッピーさんが感じるものを見てみたいです。
名前はみんなが付けてくれますよ。美しいと思い、それを伝えようとすることに大きな意味があると思います。
あぶ
2008/05/19 22:37
YAKUMAさん
ウラジロチチコグサは都会で最もメジャーな雑草だそうで、こりゃ覚えねばと思い、常日頃から見ていました。みんな似ていてまだ区別が付かないものがあるのですが、取りあえず載せちゃったりしています。
職業柄、興味を持っただけです。
ヒメハギ、河川敷、芝生地などに普通にあるようです。本当に綺麗な小さな花です。境川辺りにありそうですが、探してみてください。見付かるといいですね。
あぶ
2008/05/19 22:43
mintさん
有難うございます。小さな野の花が好きと言うmintさんのために、地面に頬を擦り付けて撮ってきました(笑)
そう言えば、先日アオスジがタブノキに卵を産んでいるのを見ました。その時はタブノキが食草だと知らなくて、ただただ唖然としてしまって、卵を持ち帰るのを忘れてしまいました。今年こそは育ててみたいです。アゲハの幼虫は順調ですよ。あとで途中経過でもご紹介します。
あぶ
2008/05/19 22:49
宮星さん
普通に野の片隅に出ている花を育てたりする方が出てくれば、しめたものです。中でもミヤコグサ、ヒメハギは原色系の鮮やかな花で、そこいらの園芸花にも引けを取りませんよ!
あ、そういえばありましたね!!形もそっくりだったような。何で思い出せなかったんだろう・・・。のんびり猫さんすみません。お詫びにコイツの原因を調べてみますので、分かったらUPしますね!
あぶ
2008/05/19 22:54
野の花さん
チチコグサ、私曰く「日本のエーデルワイス」です。茶花にいかがでしょう?
このチチコグサ、凄くたくさん生えているんですが、私もつい最近までタチチチコグサかチチコグサモドキだと思って見過ごしていました。
特に、トウバナは陰気な奴ですから、相当隅っこを丹念に調べないと見付からないかもしれませんよ。
あぶ
2008/05/19 22:59
こんにちわ  野の花名前の知らない花たちがほとんどなのです見かける花なのに 少しずつ覚えていきたいですね
こけりんどうは公園でよく見かけました 野の花なのですね〜
ちがやは子供のころ田圃の畔にあったのを取って束にして遊んだりしたものですいまの子供達はそんな遊びはしないでしょうね
グランドマザー
2008/05/20 14:06
こんばんは
黄色が鮮やかなミヤコグサ好きな花です 綺麗ですね。
花弁が何となく こちらで初夏に咲くセンダイハギに、
似てるようですが?
葉と茎はまったく似てませんが。
あぶさんがここに掲載してる草花は北海道では、
殆んど無いとは思いますが。
小さいのはきっと見逃してるかもね。
山野草の名前って種類が多いので中々覚えるのは、
大変難しいと思いますね。
今日は低気圧の接近で現在荒れ模様の天気です。
ピータン
2008/05/20 19:00
こんばんは〜^^
いろいろな花がさいていますね。
ミヤコグサもコケリンドウもヒメハギも。見てみたいです。
帯化現象、たまみかけますね。そういう名前だったのですね。
ただの奇形だとかたづけていました。
ちょうちょの季節ですね。
この間、アゲハとシジミ、ベニシジミをみました。
幼虫も探しにいかなくちゃ。。。
*kotokoto*
URL
2008/05/20 23:05
今晩は。
野の花の見分け方は本当に難しいです。
あぶさんのところで解った心算になるのですが、どうしてどうして・・・
実際に写した写真を見ると全くちんぷんかんぷん。
泣けてきます。
今日も知らない野の花がたくさんでした。見たいな!
ろこ
2008/05/21 01:12
グランドマザーさん
今回掲載したものは、首都圏ではなかなか見られないもので、見られたとしても見逃してしまいそうなものですから、私も図鑑を見ながら、どれだろうと探しました。
コケリンドウ、カワイイ野の花ですよね。つい嬉しくなります。
今の時代、チガヤとの接点がまるでないのではと思います。知らず知らずのうちに、1000年以上ものチガヤとの付き合いが途絶えてしまいつつあるようですね。寂しいですね。
あぶ
2008/05/21 21:11
ピータンさん
センダイハギを見てみましたが、なるほどそっくりです!同じマメ科ですから、多少近い種類なのでしょうが。
そちらにはほとんど有りませんか。時にはなくなって欲しいとまで思うチガヤもないでしょうか?
そちらで天気が荒れると凄いんでしょうね。経験して事がありませんので実感が湧きませんが、海が荒れると怖いですよね。無限のパワーに圧倒されます。
あぶ
2008/05/21 21:17
*kotokoto*さん
横浜も捨てたものじゃないでしょ!誰も注目しないような野原にこれだけのものがあるんです。
今回掲載したものが帯化現象と言うのか、或いは虫こぶなのか分かりませんが、帯化現象は面白いです。次に見かけたら載せて下さいね!
うちで飼っているアゲハチョウの幼虫は急激に大きくなっています。食べる葉の量も急に増えて、葉が無くなってしまわないか、いささか心配になってきました。
あぶ
2008/05/21 21:23
ろこさん
人の記事を見るだけでは私も覚えられません。タイミングよく自分も見付けられたりして、それをブログに載せて、また探しに行って見付かってを繰り返してようやく覚えます。それでも、次の年に忘れてしまったり、よくありますよね!
小さな野の花探し、行ってみてください。見付かるといいですね!
あぶ
2008/05/21 21:38
可愛らしいお花がいっぱいですね♪ カナビキソウがもう咲いているんですね! 私も探しに行かなくっちゃ!!
コケリンドウもハルリンドウもまだ出会っていないんですよ!里山に咲くフデリンドウが唯一出会うお花です。 どれも良く似ていますよね。私も教わったのですが、コケリンドウは、写真でも特徴が出ていますが、ガクが反り返っており、ハルリンドウは、根元に葉があるそうですね。フデリンドウは根元に葉はありません。私は突然出会った時に覚えていられるか心配です(笑)。チガヤはお気に入りなんです。いつもそよ風にゆられて気持ちよさそう・・・よくチガヤが咲く草原でのんびり一休みしています(^O^)
ハッチ
2008/05/22 00:37
どこを見渡しても、植物の元気な姿が目に入る今日この頃です。「コケリンドウ」は綺麗な花ですね。まだ、実際に見た事がありません・・・どのような場所に咲くのでしょうか?
庭花
2008/05/22 08:52
コケリンドウ 何回見てもきれいです。
きれいな花は 得をしますね。
でも見飽きません。

探鳥に行ったら、砂浜に浜昼顔が咲いていました。
どんこ
URL
2008/05/23 09:49
ハッチさん
昨年教えていただいたカナビキソウ、今年はたくさん出ています。それとも、昨年は気が付かなかっただけかも知れませんね。
春咲きリンドウの見分け方は、突然の時に私も覚えているか心配です。というか今はっきり思い出せないので、駄目かもしれません。
チガヤは戦前戦後ぐらいの野原の象徴で、歴史もあり、人々の暮らしに深い関わりがあったことを知りました。今では接点があるとすればただの厄介者になってしまいましたが。人間て勝手ですよね。
あぶ
2008/05/23 12:35
庭花さん
植物たち、元気すぎて鬱陶しく感じることもしばしばです・・・。
コケリンドウは日当りの良い草地に生えるそうです。私が見る場所も日の当る緑地(芝地)です。花が咲いていれば絶対に気が付きますよ。
2年草のため、一度絶えてしまうと出てこないそうです。近年数を減らしていると聞いております。
あぶ
2008/05/23 12:49
どんこさん
そうでもありませんよ。綺麗な花は皆人間にさらわれてしまって、親子一族が離れ離れになったり、狭い植木鉢で一生過ごさなければならなくなったり、不幸なこともたくさんあると思います。
こうしてブログにたくさん載ることも、実は本人にとって得ではありませんし。
砂浜の浜昼顔、素敵なんでしょうね。海岸近くに咲く植物は、実は全然知りません。ハマナスぐらいでしょうか。どんこさんの探鳥、いつも楽しみです。今度はどんな鳥を見せていただけるでしょうか。
あぶ
2008/05/23 12:56
こんばんは〜
野原で見かけるお花ですね余り人目につかず咲いているのでしょうが
お花は1人前の奇麗さを持っていますね
此方の近所はアスファルトになって空き地が余りなくなりました
お花探しも大変です、お忙しい中タクさんの野草を有難う
おとと
2008/05/23 17:08
おととさん
そうですね、あまり主張せずにひっそりと咲いていますね。派手さはありませんが、十分綺麗な花を咲かせていますね。
こちらの方は起伏が激しいので、宅地にならず斜面地の野原、それからまだ森が少し残っています。横浜市街から近い割りに草地が沢山あります。おととさんも、いつも綺麗なお写真を沢山撮られて、わざわざ遠くまでお出かけされてるんですね。
あぶ
2008/05/26 07:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
横浜市泉区で出会った植物たち・・・ 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる