横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ツマグロヒョウモンの蛹化と秋の草花たち

<<   作成日時 : 2007/09/25 07:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

ツマグロヒョウモンの蛹化が一斉に始まっているらしい。
蛹化が間近と思われる幼虫を多数見たのであるが、中でも逆さまに吊り下がる幼虫を発見した。




画像

9月21日(木)10:30 幼虫が宙吊りになってじっとしていました。





画像

9月21日(木)15:30 無事に蛹になっていました。まだピンク色です。





画像

9月22日(金)12:30 翌日の蛹です。色が褐色に近くなってきました。





画像

黄金の角はすでに健在でした。美しい蛹です。





画像

シオカラトンボのオス

めがねを何日も拭いていないような曇った翅です。こんなトンボばかり見かけます。





画像

コスズメ

まるでジャンボジェット機のような翅を持っています。
食草はブドウ、ツタなどです。











画像

ヒメミカンソウ (トウダイグサ科コミカンソウ属)

夏に花を見逃してしまったようで、ミカンのような実が付いていました。





画像

こちらはヒメミカンソウを上から捉えました。特徴ある葉の生え方です。





画像

オニタビラコ (キク科オニタビラコ属)

オニタビラコは他のタビラコとは違って秋まで咲いています。





画像

キンモクセイ (モクセイ科 モクセイ属)

花芽の分化が始まっています。もうすぐキンモクセイのいい香りに出会えそうですね。





画像

ブタナ (キク科エゾコウゾリナ属)

何度も草刈するので小さなブタナが咲いています。名前とは逆で花は綺麗です。





画像

コゴメバオトギリ (オトギリソウ科 オトギリソウ属)

花弁の縁に黒い点が並んでいて面白いですね。この植物の特徴です。





画像

クロガネモチ (モチノキ科モチノキ属)

クロガネモチの赤い実が付き始めました。街路樹など綺麗ですね。鳥も集まってきます。






地味な秋の植物も少し紹介します



画像

カヤツリグサ (カヤツリグサ科カヤツリグサ属)

”カヤツリグサ”と言う総称で親しまれていますが、この仲間はたくさんあることを知りました。
これは種名としてのカヤツリグサでいいと思いますが、自信はありません。





画像

シマスズメノヒエ (イネ科多年草)

粗放管理された芝地でよく見かける、大型の草です。





画像

黒っぽい花?が付くのが特徴です。毛のようなものも見えます。





画像

メヒシバ (イネ科メヒシバ属)

これもいたる所に出ている草ですね。群生して美しかったもので・・・。





画像

美味しそうな大きなキノコが出ていました。竹薮の中でした。何ていうキノコでしょう?








ここより下にはシマヘビの幼蛇が出ています。お嫌いな方は見ないようにしてくださいね。











            
   
















画像

体長30cmくらいでした。生後数十日だと思います。まだシマヘビのような模様ではありません。





画像

結構凶暴で、掴もうとすると噛み付いてきました。竹薮の中に逃がしてあげました。

























にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
今日も応援の一票をお願いいたします!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金木犀の香りに誘われて、帷子川にカワセミ!とタカナシ乳業のバラ園
ベランダで植物に水をあげていると、どこからかとてもいい香りが漂ってきました。 「うちのベランダの花?」そう思いましたが、香りを放つような植物はありません。 でも、こんないい香りをマンションの4階の高さまで運んでくるなんて凄い花だなあ、そう思いながらキンモクセイが最近花芽の分化を始めたことを思い出しました。 そうだ、キンモクセイの香りだ! それじゃあ天気もいいしちょっと出掛けてみよう!そう思って気分よく帷子川に散策に出かけました。 ...続きを見る
横浜発! あぶの自然調査隊
2007/10/08 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えばシオカラトンボの姿をめっきり見なくなりました。

こんな田舎なのにここ数年みたことがないような気がします。

この辺りでは絶滅はしてはい・・・。ないのでしょうが
どんこ
URL
2007/09/25 08:00
ツマグロヒョウモンは最近沢山見かけます。
キタテハは越冬するらしいのですが、この蝶はどうなんでしょう?
キンモクセイの香りは私も楽しみです。
蛇は苦手ですが、顔は案外、ユーモラスですね(笑)
sumire
2007/09/25 11:52
随分美味しそうに見えるキノコですね。(笑)
シマヘビ・・・・いったいどこにいたのですか?
ソファの、隅の方にいるように見えるのですが・・・・・
のんびり猫
2007/09/25 12:02
どんこさん、シオカラトンボを見なくなったとは面白い現象です。原因を追究したくなってきました。手元に何も資料がないので、はっきりしたことは言えませんが、温暖化の影響や生態系の変化など考えられますね。後ほど調べてみます。
あぶ
2007/09/25 12:20
sumireさん、今では一番よく見かける蝶が、このツマグロヒョウモンになりました。このキタテハに関しては冬ごしが厳しい印象を受けますよね。シマヘビの目が猫の目のようで驚きました。私は気が荒そうな顔をしているなと思いました。口が開いているのは滑稽ですよね。
あぶ
2007/09/25 12:36
のんびり猫さん、はんぺんのようにバター焼きにしたら美味しいのではと思いました。気持ちを抑えるのに必死でしたから。シマヘビはもちろん外にいたものです。これは刈り草を運ぶための袋です。ヘビ、トカゲなどはこの方法で撮影してます。逃げられて後悔したくないですからね。
あぶ
2007/09/25 12:45
こんにちは。
シオカラトンボ、時々見かけますよ。羽根の輝きまでは見ていませんでしたが、そういえば、もっと輝いていたかも知れませんね。ヒメミカンソウの花、見てみたいです。
野の花
2007/09/25 19:05
ヒメミカンソウ、先日、私のBlogにコメントをいただいた草ですね。
コミカンソウとはどう違うのでしょうね?
ツマグロヒョウモンの蛹も、私のBlogで取り上げたばかりでした。
幼虫がこんな姿をしているとは知りませんでした。これから、この茶色から黒に変化していくのでしょうか。

参考になる興味深い記事がいっぱいありますね。
私のリンク先にあげさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
ひろし
URL
2007/09/25 23:03
ツマグロを、ふん!ふん!と見ていたら次がいきなり、シオカラで期待していた自分に気づきました。(^0^; 自分もいまアゲハの蛹を持っています。5令からなので中途半端なのですが、羽化まで記録してからUPしようと貯めてあります。 シマヘビの赤ちゃん、目がくりくりしていてかわいいです! 
mint
2007/09/26 15:28
野の花さん
羽化し立ては何でもそうですが、花がとっても綺麗なんです。
トンボは透明感抜群で凄い輝きを放っているんです。
ヒメミカンソウの花はとても小さく薄黄色の花だそうです。
イメージ的にはニシキソウやヤエムグラのような花だと思います。
あぶ
2007/09/26 21:24
ひろしさん
早速コメント入れていただき有難うございました。
コミカンソウの特徴は「コミカンソウ型分岐」が見られることだそうです。
http://park23.wakwak.com/~koda7/9g/hana9-37.html
コミカンソウの特徴的分岐です
ヒメミカンソウは茎が垂直に伸びず、斜めに傾くのが特徴です。
観察していたツマグロヒョウモンですが、突如いなくなってしまいました。外敵に食べられてしまったのでしょうか?違う個体ではありますが、見つけて家に持ち帰りました。すでに色は黒いです。おいおい状況をご報告します。
私のトップページの右側に「人気度は?」と言うのがあるのですが、その下に「お気に入りリストを表示」と言う項目があります。それをクリックすると私のリンクが出てきます。以前からひろしさんへのリンクは勝手ながらさせていただいておりました(笑)。
あぶ
2007/09/26 21:40
mintさん
今日ツマグロを見に行ったら無くなっていました。ショックを受けそそくさと戻ろうとすると、違う個体ではありますが黒くなった蛹を見つけ、今日家まで持ち帰りました。
アゲハの幼虫は無事に孵るといいですね!アゲハではもう羽化は来年かな?
シマヘビの子供、かなり凶暴でした。噛み付こうとするし、人間に対する敵対心が凄いんです。
あぶ
2007/09/26 21:50
シマヘビ
やめようと思いながら見てしまいました。
怖くないですか?
子供のころ桑の幹にへばりついていた蛇を知らないで掴みました。
養蚕農家だったので桑の葉摘みを手伝っていたのです。
ひんやりと冷たい感触が今でも忘れられません。
蛇の種類はわかりません。
ろこ
2007/09/27 23:33
ろこさん
ろこさんの蛇嫌い、子供の頃のトラウマがあったのですか。
私は子供の頃、やっぱり苦手でしたが、ジムグリなどの大人しい蛇から慣らして、大きなものまで掴める様になりました。
何回か噛まれましたが、返ってこんなものかと思ってしまって、慣れました。
私はちょっと蜘蛛が苦手です。小さな頃、大きな蜘蛛に体に登って来られて、それから苦手になりました。いまでも触りたくはありません。
あぶ
2007/09/28 06:33
ツマグロヒョウモンの幼虫ってかなりグロいですね。私、それを知らずに踏んづけたことあるかもしれません・・・(>_<) 
三浦あぼりじに
2007/09/29 21:52
三浦あぼりじにさん
最初は蛾の幼虫だと思いました。
私などは草刈の際に何百匹殺しているのか分かりません。
芝地などにいるので踏まれやすいですよね。
あぶ
2007/10/01 07:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツマグロヒョウモンの蛹化と秋の草花たち 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる