横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ツリガネニンジンが咲きました!蝶の動きも活発です!!

<<   作成日時 : 2007/08/09 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

梅雨が明けて、とっても暑い日が続いています。
我々人間は一日中外にいるとおかしくなってしまいますが、人間以外の動植物はとても活発に動き始めています。
ここ2日間で見た、気になる動植物を集めてみました。まずは植物からです。




画像

ツリガネニンジン (キキョウ科 ツリガネニンジン属)

今年もようやく咲きました。本当はもっと早くから咲くのでしょうが、草刈をして切ってしまうので、また成長しなおす分だけ開花も遅いようです。





画像

花の付き方、花の咲き方は独特なものを持っていますね。





画像

ツルボ (ユリ科 ツルボ属)

ネジバナがなくなったかと思えば、似たようなコイツが芝地にたくさん出ています。





画像

一花一花見てみると、ネジバナと同じように綺麗な花です。
でも、ネジバナはラン科の花でしたよね。





画像

ワレモコウ (バラ科 ワレモコウ属)

これも一花一花が面白いんですが、写真は忘れました・・・。
この、何とも言えない濃い色がとてもインパクト強いです。





画像

ヤマイモ (ヤマノイモ科 ヤマノイモ属)

じっくり花を見ると、驚くほど綺麗でした。害草なのですぐに毟ってしまうのですが・・・。





画像

小さくて綺麗な花ですが、名前が分かりません。



アイナエ (フジウツギ科(マチン科) アイナエ属)

日当たりの良い原野の湿地に生える高さ5〜15pの小さな1年草です。
2mm程度の小さなお花で、開花時間も朝遅くから午前中と短いです

教えていただいたnobaraさん、ハッチさん、どうも有り難うございました!





画像

アイナエの葉の部分です。ヨツバムグラとかミミナグサにも似てますが・・・。





画像

ヨツバムグラ (アカネ科ヤエムグラ属)

花径はちょうど1mmくらいです。こんな小さな花見た事がありません。
これ以上小さくても見えませんが・・・。





画像

クスノキ ( クスノキ科 ニッケイ属)

クスノキの花を以前に紹介しましたが、こんな実が出来ていました。





画像

イヌツゲ (モチノキ科モチノキ属)

イヌツゲの花も以前に紹介しましたっけ。





画像

キンカン (ミカン科キンカン属)

なぜか金柑の木がありました。お正月には皆さん甘く煮て食べるんでしょうか?





画像

タンポポの葉だと思うのですが、芸術的な模様が入っていました。








そろそろ昆虫行ってみましょうか。




画像

アブラゼミ

小さな桜の木にたくさんいました。気に近付くと一斉に逃げていきました。3桁いたかもしれません。





画像

オオゾウムシ

ヒマラヤスギにくっついていました。立派なゾウムシです。





画像

顔つきが本当にユニークです。この口で何するんでしょうかね?





画像

ツマグロヒョウモン

交尾を写真に撮っていたら、もう1匹オスが乱入しました。
そのうち3匹ともバラバラに飛んでいってしまいました。





画像

ヤマトシジミ

こちらも交尾していました。何より写真が撮りやすくてイイ!





画像

ムラサキツバメ

ムラサキシジミに似ていますが、ムラサキツバメなんです。何故かって、ちょんと出た羽がトレードマークです。
コイツも南方から最近やってきた蝶です。マテバシイが食草なので、コイツさえあれば増えるようです。





画像

アオスジアゲハ

何が?と思ってしまいますが、ちゃんと卵が付いてるでしょ。
成虫は捉えることができませんでしたが、卵を置いていったのは見逃しませんでしたよ。






画像

ショウリョウバッタ

翅がちゃんと伸びているショウリョウバッタが出始めました。もう秋の足音が聞こえてきましたか・・・。







画像

ミノムシ

オオミノガヤドリバエのおかげで、いなくなったと聞きますが、まだ結構たくさんいるみたい。
蓑を開いて確認してしまいました。





画像

クリタマバチの幼虫です。こんな風に入ってるんですね。
栗の生産農家の方は見たくも無いんでしょうね。




  
今日も応援の一票をお願いいたします!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
ワレモコウやショウリョウバッタに"立秋"を感じますね!
ツマグロヒョウモンのオスも強引だなぁ・・・
matsumaru
2007/08/10 00:41
今回もいろいろなものを見せていただきました。
あぶさんでも分からない花があったのですね。

ヤマイモはこちらでは花が終わり、もう小さな実を付けていますよ。秋には収穫して「むかご飯」を作るのが楽しみです。庭のキンカンにもミツバチなどが群れていますよ。

どんこ
URL
2007/08/10 09:01
おはようございます。
ツリガネニンジンが咲き始めましたか?
好きな花です。見に行きたいけど近くでは山の上ですから、大変!
涼しい日が無いかな〜?
ゾウムシと言うのは、聞いたことも有りませんでした。
不思議な形をしています。
木に居ても、判らない模様ですね。
sumire
2007/08/10 09:13
オオゾウムシ、昔、子供がクワガタなどと一緒に飼育していましたが、あまりに変化に乏しくて、逃がしてあげました。(笑)
ミノムシの姿、初めて見ました。意外と怖くないですね。
ワレモコウ、庭にあるのですが、まだ赤くなっていません。
ツリガネニンジンも散歩道、注意してみているのですがまだのようです。
のんびり猫
2007/08/10 11:23
小さな花。綺麗に撮れていますね〜〜〜〜
???のお花は 多分ですが・・・
アイナエ=フジウツギ科(アイナエ属)ではないでしょうか?
日当たりの良い原野の湿地に生える高さ5~15pの小さな1年草。
似たお花に ヒメナエ とありますが
お花が咲いてもなかなか見付からないとか。
それをこんなに綺麗に撮っていらっしゃるんですね。
びっくりしました。アイナエの基部の葉っぱも
当にヨツバムグラのようでした。ただお花はこんなに
丸みがかっていませんよね。
いいもの見せて頂きありがとうございます。
nobara
2007/08/10 12:32
???のお花は私もアイナエだと思いますが、お花を見るとヒメナエのような気もします。ヒメナエもよく似ていますが、違うところはヒメナエは茎に葉がつきます。お写真でははっきりわかりませんが、別の写真があれば確かめられたら良いと思います。
先日、里山のお仲間にアイナエの自生地に連れて行って頂き見てきました。小さなお花で開花時間も短く半分閉じている状態でしたが、このお花は絶滅を危惧されている植物です。気が付かなければ踏んづけて歩いてしまいそうなお花ですよね!
ヒメナエならばもっと貴重な植物です。いずれにせよ小さなお花を綺麗に撮られましたねぇ!私はピンボケばかりでした。
アイナエは以前フジウツギ科と分類されていましたが、今はマチン科という説もあります。
ハッチ
2007/08/10 21:39
私も今日ショウリョウバッタを見つけました。これが出てくると秋ですね。吾亦紅も花が咲いていたのですね。赤いポンポンがかわいいですね。
野原で低い草の上に飛び出すように咲いていて、青空の下アカトンボがすいすい。こんな静かな光景を思ってしまいます。
hiro
2007/08/10 21:50
花と昆虫と、両方に詳しいと野や山歩きが2倍も3倍も楽しいでしょうねぇ。
クスの木の実、もうこんなに大きくなっていますか。
子供の頃、紙鉄砲の弾の代わりに、この楠の実を使っていたのを思い出しました。
宮星
2007/08/11 00:56
matsumaruさん
そうそう、もう立秋を過ぎていましたね。
少しずつ秋の装いが色濃くなっているのを感じますね。
ツマグロヒョウモン、見ていると面白いですね。
片方がぶら下がって片方だけ飛んでいる姿もありました。
あぶ
2007/08/11 11:35
どんこさん
私なんか、全然植物など詳しくないほうです。皆さんに教えていただき、ようやく記事のほうがまともに作れています。
むかごは一度食べてみたいと思っています。むかご飯、どんな味がするんでしょうか?
こちらのほうではあまりキンカンの木は見かけませんが、わずかあるキンカンの木にハクビシンが夜な夜なやってきます。ハクビシンにとってはあの小さな実が美味しいんでしょうね。
あぶ
2007/08/11 11:40
sumireさん
私は運よく近くで見られますのでラッキーです。
この花が咲くと秋の始まりを感じますね。実際は連日の猛暑ですけど・・・。
ゾウムシって形がとってもユニークで面白いでしょ!
あまり見かける機会はありませんが、種類は大変多く未同定の種類もまだまだたくさんいるとか。神秘的な虫でもあります。
あぶ
2007/08/11 11:44
のんびり猫さん
私ならあのユニークな姿かたちを見ているだけで、ゾウムシの価値があると思うのですが。
ミノムシの姿を見た事が無かったと言うのは驚きました。私が幼少の頃はそれを蓑から出して箱の中に集めたりと悪いことをしていました。
のんびり猫さんは基本的に昆虫が大の苦手でしたよね。にもかかわらずこれだけの話題についてくるばかりか、先頭を切って引っ張っている感さえありますから、凄いと思います。
あぶ
2007/08/11 11:49
nobaraさん
コメントどうも有り難うございます。
それから、分からない植物の名前も教えていただいてどうも有り難うございました。アイナエでいいと思います。最初見付けたときには、後で写真を撮ろうと思っていたら、午後には花がみな萎んでしまい、悔しい思いをしましたので、数日後に出会ったときには真っ先に撮影してしまいました。撮影した場所は、横浜市泉区内で、昔は湿地か小川が流れるような場所だったと思われますが、現在は粗放管理された芝地です。ところどころ昔の植生の面影が残っています。
よろしかったらまた覗いてみてください。有難うございました。
あぶ
2007/08/11 11:55
ハッチさん
大変お詳しいのですねえ。私などは名前も分からないのに・・・。
私の見立てではヒメナエではなくアイナエでした。植物のHPで確認しましたが、ハッチさんの仰る通り、ヒメナエには茎に葉が付いてるんですね。
また9月にその場所に行きますので、機会がありましたらそういう目で見てみます。
分類ですが、フジウツギ科とマチン科で出ていました。分類の問題と言うのは専門家にとってとても重要なことですね。
いろいろな情報を教えていただきどうも有り難うございました!
あぶ
2007/08/11 12:02
hiroさん
ショウリョウバッタ見られましたか!
ほんの最近までいなったんですけど、先日見かけたらみんな成虫になっていたのでハッとしました。
ワレモコウもこんな早い時期から花が咲くとは知らず、咲いているのを見かけたときは驚いてしまいました。
草原にワレモコウ、そして赤トンボですかぁ、暑さが本格化したのはついこの間のことですが、もう秋の準備が着々となされているんですねえ。夏と言ってやった事といえば、スイカを食べたことぐらいです。もっと盛夏を楽しまなくては!
あぶ
2007/08/11 12:08
宮星さん
私などはまだまだ知らないほうですよ!でも、勉強のし甲斐があるので、山歩きなどはとても楽しいとですね。
クスの実でこんな遊び方があったのですか!紙鉄砲ってどんな遊びでしたっけ?聞いたことはありますが・・・。
遊び道具など無かった時代の先人の知恵は本当に凄いと最近思います。そんなことがありましたらまた教えてください。
あぶ
2007/08/11 12:14
こんにちは。
今日、野遊び塾の帰りにツリガネニンジンを見ました。今年の初花です。ツリガネニンジンが咲くと暑さも終盤ですよね。ワレモコウも可愛いですね。
野の花
2007/08/11 19:52
野の花さん
「野遊び塾」って面白そうな塾ですねえ。どんな活動内容なんでしょうか?ツリガネニンジンの花がこれからたくさん咲く季節になると思いますので、非常に楽しみにしています。
ツリガネニンジンもそうですが、ワレモコウも野の花さんのお住まいのすぐ近くにありました。あるところには昔からの野原がまだまだ残っていて、とても勇気付けられる気分です。
あぶ
2007/08/12 16:18
あぶさんらしい、いいお写真が沢山でした。ツリガネニンジンもツルボも吾亦紅も(こんな漢字なんだ〜!)大好きなお花です。園芸種のお花も好きですけど、やっぱり野の花がいいですね。ひっそりといい花を咲かせてくれますもんね。ヤマイモの花も小さくていいですね。こんな花達でいつか、ピアス!がまだできずにいます。 金柑は煮ないでそのまま食べるのが好きです。オオゾウムシはでっかくてカッコいいですよね。 蝶達もとってもよく特徴が出ているし、ムラサキツバメもきれいな羽でいいでしょ?アオスジ、今年飼育しようと思いつつできないね・・母のお世話で精一杯・・ この2日くらい前からちょびちょびコオロギが鳴き出しましたね。寂しい秋が・・・こんなに暑くてもしっかり秋の準備が始まっているんですね〜〜
mint
2007/08/14 04:27
mintさん
お返事が遅れてしまって申し訳ありませんでした。
お盆はずっと実家に帰っていました。帰って何していたわけではないのですが・・・。
野の花の魅力は知れば知るほど増してきます。mintさんに教えていただいたこともたくさんありましたね。キンカンにそんな食べ方があるとは!煮なければ食べられないと思っていましたが、その前にかじってみればよかったです。私もアオスジアゲハの幼虫を育ててみたかったのですが、準備不足で断念しました。無駄死にさせてしまっては可愛そうですから、きちんと調べてからチャレンジします。もうコオロギが鳴き始めたんですか?全然知りませんでした。家の中からは夜中中セミの鳴き声と暴走族のエンジン音しか聞こえてきません。そんな風流な音を聞きながら眠りたいものです。
あぶ
2007/08/15 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツリガネニンジンが咲きました!蝶の動きも活発です!! 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる