横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も蝶の季節がやってきました!

<<   作成日時 : 2007/07/09 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 22

画像

ツマグロヒョウモン(メス)

ここの所、ツマグロヒョウモンがたくさん飛び出しましたが、
この蝶はなかなかじっとしてくれないので、今まで写真に納まりませんでした。
今日、ようやく撮れた1枚です!





画像

ツマグロヒョウモン(オス)

こちらは撮影に失敗しました。シャッターを切った瞬間、飛び立ってしまいました。
いたという証拠写真として載せておきます。





画像

6月に出てきた種類不明の蝶

先日、正体不明の蝶として記事にしましたが、ようやくその正体が明らかになりました!

その正体とは・・・・・・





画像

ムラサキシジミ

飛んだときの姿が一瞬紫色に見えましたので、不思議に思っていましたが、
翅の表側は裏側の地味さとは裏腹に、こんなに豪華な色をしていました。

似た蝶で、過去にはこんな蝶もいましたっけ。





画像

ヒメアカタテハ

ツメクサの周りに5、6匹集まっていました。
吸汁に夢中で、比較的容易に近付くことができました。





画像

ベニシジミ

予想もしない場所にいました。いつ見てもベニシジミは綺麗です。





画像

ヤマトシジミ

こいつはシジミチョウの定番ですが、いつ見てもその姿に飽きることはありません。





画像

オオチャバネセセリ?

セセリチョウには間違いないのですが、何セセリかはよく分かりません。
オオチャバネセセリ辺りだとは思います。





画像

ハムシ?

この虫は傑作でした!! 最初は20匹ぐらい集まっていましたが、
近付いてカメラを向けた瞬間、ボロボロとみんな落ちていきました。
少なくなったものを写真に撮ると、死に真似をしているのが、2匹見えます。
こいつもいつかの死に真似の虫と同じなんだなあと思いました。





画像

ショウリョウバッタの幼虫

草刈をしているとこれでもかと言うほどたくさんいます。ムクドリはここぞとばかりに食べに来ます。
この危機を乗り越えたものだけが、成虫になって子孫を残すわけです。
弱肉強食の世の中を生き抜いていくのはあまりにも厳しいのです。





画像

ホタルガ

ホタルにあまり似ていないと思うのですが・・・。
幼虫は、触るといやな臭いを出すそうです。アゲハと一緒ですね。





画像

アシナガキンバエ

5ミリに満たないような小さなハエです。レッドロビンの葉にたくさん付いていました。
この虫の生態については調べても分かりませんでした。詳しく分かっていないのかもしれません。
ハエとは言いますがとっても綺麗でしょ!メタリックなボディといい、虹色の翅と言い素晴らしいです。





画像

ヨツボシクサカゲロウ

何度撮ってもボケてしまいます。何ででしょうか?
背中に緑色の筋が入っているのがこの種の特徴です。
透き通った花と体が綺麗です。





画像

シロスジカミキリ

死んでいたのが非常に残念ですが、日本最大級のカミキリです。
生きたシロスジカミキリは2回しか見たことがありません。











画像

クリタマバチの虫こぶ

クリの生産農家に甚大な被害をもたらしたと言うクリタマバチの虫こぶです。
新芽に寄生し、枝が伸張せず、クリタマバチが成虫となった後、
虫こぶの部分がかれてしまいます。クリタマバチの寄生しない品種が開発され、
一時は被害がなくなりましたが、ここの所また被害が出だしているようです。

虫こぶと言うのも大変興味を惹かれます。今後もまた違った虫こぶを探したいと思います。





画像

クリ

クリの実も直径5cmくらいの大きさになってきました。
あと3ヶ月もすればホクホクした甘いクリが食べられますね。楽しみです!





画像

キョウチクトウ

キョウチクトウと言えば赤や桃色を連想しますが、白花もあるんですね。
キョウチクトウは食べると有害な木で、キョウチクトウの枝をバーベキューの串代わりに使って
その障害が出てしまったと言う事例もあるそうです。注意しましょう!





画像

モッコク

ようやくモッコクに花が咲きました。モッコクの花は咲くとすぐに褐色になってしまいますので、綺麗な花を探すのには少し苦労しました。





画像

スベリヒユ

道端などの日当たりがよく乾燥した場所によく生える1年草です。
雑草的な扱いを受けますが、山菜としては非常に美味しい部類に入るそうです。
ヌルヌルとした食感が非常にいいんだそうです!











画像

アシナガバチの巣

蜂の巣が大きくなっていく季節でもあります。
でも、私の仕事的にはこれも駆除しなければなりません。
アシナガバチは益虫なんですけどねえ、刺されることもあるので仕方ありません。





画像

アシナガバチ

私が駆除した巣に住んでいたアシナガバチでしょうか。
帰るところが無く、フェンスにしがみ付いて呆然としているようでした。
彼女はこれからどうするんでしょうか?女王となってまた巣を作るのでしょうか?

住処を奪ってしまったこと、仲間を殺してしまったこと、心の奥に引っかかります・・・。









ブログランキング参加中です!!
クリックしていただけると助かります!
    








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
和田町付近の帷子川を歩く
以前にも相鉄線に沿った帷子川の流れを紹介してきましたが、今回は和田町付近の帷子川と自然について紹介します。 ...続きを見る
横浜発! あぶの自然調査隊
2007/08/05 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
蝶に花に、春に劣らず夏も楽しみがたくさんですね!
ツマグロヒョウモン、普通種になってしまいましたかねぇ・・
シロスジカミキリですか!! 久しく見ていないなぁ・・
matsumaru
URL
2007/07/10 01:06
あぶさんらしいページでしたね!(いつもそうですけど・・(^0^;)ムラサキシジミ、結構見かけますよ! そしてシロスジカミキリ、こいつも毎年目にします。でっかくて力が強く持っているのに結構力が要って苦労するんです。噛まれたら痛いし、胸のトゲも痛いし。 キンバエ、ギンバエのメタリック好きですね〜。
mint
2007/07/10 01:38
今回も鮮明な写真と分かりやすい解説で案内していただき生徒になったような気分であぶ先生の講義に魅入っていました。

アシナガバチが益虫だと言うことなどこの歳まで知りませんでした。良く高校の生物を修了したものだと思います。

また次の野外教室を楽しみにしています。
どんこ
URL
2007/07/10 09:43
ツマグロヒョウモンが昨年ランタナの花に四六時中来ていたのを思い出しました。中々止まってくれないシジミ蝶が良く撮れていてビックリです。
私は最初からあきらめています(笑)
スベリヒユがもう咲いているんですね。我が家の畑にも出てきているのですが花はまだです。ヨツボシクサカゲロウは透き通っていて綺麗ですよね。でもその透き通った色のために見逃してしまいます^_^;
ろこ
2007/07/10 09:49
こんにちは〜
随分沢山の昆虫や花の写真を撮られたんですね。
ムラサキシジミは飛んでいる姿が美しい蝶ですが、裏翅は地味なんです。
家の周りにいますよ。
アシナガバチは以前、家の軒下に巣を作って、恐る恐る取りましたけど、益虫なんですか?知りませんでした。
バッタはこれから沢山見かけられますね。
そう言えば、昨年、バッタの抜け殻を沢山撮りました。
sumire
2007/07/10 16:17
それにしてもよく沢山の写真撮りましたね〜。
撮ろうと思っても直ぐ取れるものではありませんのにすごいです。
どれも見たことがあるのに名前がわかるものってすくないなぁと
あらためて知りました。
どんぐり子
URL
2007/07/11 13:04
栗のイガがもう出来ているんですね。3か月後には栗名月ですね。ハナスベリヒユは美味しそうですね。一度食べてみたいと思います。昆虫さん達も綺麗ですね。
野の花
2007/07/11 22:17
matsumaruさん
ツマグロヒョウモンが一番目立っていますよね。
いつか、日本を代表する蝶になってしまいそうで・・・。
シロスジカミキリは生きた姿が見たかったです。
あぶ
2007/07/11 22:17
mintさん
私も、これが本来の姿だと思っています。蝶を撮るときはドキドキです。
ムラサキシジミもシロスジカミキリもよく見ますか・・・、いい環境にお暮らしになっているんですねえ。
ハエの顔は気持ち悪くて嫌ですが、メタリックのボディーは素晴らしいと思います。
あぶ
2007/07/11 22:23
どんこさん
いつもいつも褒めて頂きありがとうございます。
アシナガバチは攻撃性の少ないハチで、毛虫やアブラムシなどを狩る益虫なんですね。むやみにはアシナガバチの巣を壊して欲しくないものです。
まあよく降る雨ですが、どんこさんの方はまだまだ大丈夫なのでしょうか?
あぶ
2007/07/11 22:37
ろこさん
美味しい花があると蝶のほうも夢中になって吸っているので、意外と近寄れました。でも、蝶の写真を満足いくまで撮るには時間と根気がいると思います。実際私はコンデジで撮っているので、その分もとても苦労しています。写真に収めるまでのドキドキがたまりません。
ろこさんはスベリヒユ食べられるのでしょうか?山菜と比べてもかなり美味しいほうの部類になるとのことです。意外でした。
あぶ
2007/07/11 22:43
sumireさん
ムラサキシジミは飛んでいるときは派手ですが、いざ止まると地味なので、一瞬見失って探してしまいました。
アシナガバチは攻撃性もほとんど無く、毛虫やアブラムシを食べてくれる益虫なんだそうです。できれば駆除せずに残して欲しいです。
バッタの季節はこれからですよね。成長した姿を思い浮かべると、成虫に出会うことが非常に楽しみに思えてきました。
あぶ
2007/07/11 22:49
どんぐり子さん
私もあえて撮ろうと思っているわけではないのですが、一日中外にいれば気づくと近くに蝶がいて、それを細々と撮っていると、塵は積もるものでたくさんの写真が集まってしまいます。
どんな種類の昆虫でも、調べればちゃんと名前があるというのが当然ですが意外でもあり、それが何とも面白いんです。
あぶ
2007/07/11 22:57
野の花さん
栗名月なんて言葉があるんですね。知りませんでした。さすがお茶の先生です。スベリヒユ、なんだか無性に食べたくなりました。相当美味しいらしいんです。
あぶ
2007/07/11 23:04
ムラサキシジミとヒメアカタテハ・・・・うらやましい!!
私も写真に撮りたいのですが・・・・・
のんびり猫
2007/07/12 10:26
春の虫たちをとてもキレイに生き生きと撮られていますね!
今回あぶさんがアップされている写真の中で私が最近見た虫といえば...
ホタルガくらいです..
紫シジミはキレイですね。
ささ
2007/07/12 23:53
今の季節は花の時期で蝶とか昆虫の活動の真最中ですね。
蝶の撮影ってとっても難しいのにバッチリですね。
死んだふりをする虫って小さな体で何か面白いですね。
ピータン
2007/07/13 08:02
のんびり猫さん
レンゲ畑は蝶の宝庫です。私でもこれだけ撮れました。
のんびり猫さんの家の近くにも、こんなお花畑がきっとあると思うのですが。
あぶ
2007/07/13 12:18
さささん
今まで全然駄目だったのに、1日でこんなに撮れました。
どこから沸いて出るんでしょうね。
御苑に行けばたくさんの蝶がいると思うのですが、意外といないんでしょうか?
ムラサキシジミは初めてでした。止まって翅を広げたときは、あまりの鮮やかな色に驚きました!
あぶ
2007/07/13 12:22
ピータンさん
蝶の撮影は難しいです。
次は戯れて遊ぶ蝶の姿を撮りたいのですが、コンデジではちょっと無理かもしれません。
死んだ振りをする虫は最高でした!私が最初に見たときは、びっしりにたかっていたんですよ。生き抜くための手段とはいえ、手段を選ばない虫たちには教えられることが多いです。
あぶ
2007/07/13 12:26
あぶさん今晩は〜
沢山の蝶が撮れましたね、ベニシジミは奇麗ですね、
蝶はよくても虫は嫌いと言う私は矛盾した考えなんでしょうね
カミキリムシはよく家のそばの林から飛んできましたよ
栗の実時期食べられますね、
スベリヒユ食べたことあります。
山形に行った時義姉がお浸しにしてくれました。
雑草と思うと気持ちが悪かった〜
おとと
2007/07/14 00:06
おととさん
蝶は好きだけど虫は嫌いと言う方はたくさんいらっしゃいます。
昆虫の中でも蝶の美しさは異質だと思います。外国の蝶の標本にはとても惹かれますし。
スベリヒユは山形では売られているそうですね。凄く美味しいんだそうですよ。ご親戚の方が山形にいるんですか。山形の農産物はいいものがたくさんありますから、おととさんもいいものをたくさん食べられているのではないでしょうか?
あぶ
2007/07/15 12:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年も蝶の季節がやってきました! 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる