横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月から7月の動植物

<<   作成日時 : 2007/07/04 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

シャボテン公園の途中ですが、動植物の写真がたまってきましたので紹介したいと思います。




画像

今年の春頃からうちのベランダにやってくるヒヨドリです。
ガーガーと大騒ぎして、飛んで行ったかと思うとまた戻ったり。
よく分からない行動をしています。





画像

今年の春頃から付くようになったヒヨドリの糞。正体が分かったのはつい最近のことです。









画像

ところ変わって、鎌倉の現場で見付けたヒヨドリの巣と雛です。
キンモクセイの高さ1.5mの場所に巣を作っていました。
葉を揺らすと、親鳥と間違って餌を欲しがっていました。





画像

でもすぐに寝てしまいました。疲れたんでしょうか?邪魔して済みませんでした。





画像

おとといの雨に日に、自宅マンションの階段を歩いていました。
昨年からこれを何度か見ています。そんな田舎じゃないんですけど。
どこかに生息地があるとしか思えません。





画像

面白い虫を見付けました。調べるとイチモンジハムシと言う虫でした。





画像

私にぶつかってきて、落ちていった先を見ると、羽をだらしなく出して動きません。
どうしたんだ!揺らしてみると慌てて動き出しました。
さては!と思い、また軽くつつくとひっくり返って死んだふりをしていました(写真)。
恐らくは死んだふりが得意な虫なんでしょう。実にいい死に様です。





画像

この蝶は名前が分かりませんでした。
キマダラヒカゲにちょっと似てますが、違うと思います。





画像

砂利地の雑草群の中の、この花も名前が分かりませんでした。





画像

上の花の葉の部分です。まるでタマリュウ(リュウノヒゲ)のようでした。
分かる方いらっしゃいましたら教えてください。

ヒメヤブラン(ユリ科ヤブラン属)」でいかがでしょうか?
http://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/yasou/hi/himeyaburan.html
すごく似ている気がします。





画像

悔しいのですが、この花も名前が分からずです。
オトギリソウの仲間かなあくらいです。

キバナノマツバニンジン(アマ科)」でした。YAKUMAさん有難うございました!
北アメリカ原産の帰化植物です。造成地などに出る1年草です。





画像

上の花の葉の部分です。葉が茎にくっついているように見えるのが特徴です。








話題が変わりまして、うちの文鳥の成長した姿をご覧ください。




画像

羽が生え変わって、大人の毛並みになりました。
嘴も黒っぽかったのですが、桜色に変わりました。
飼い始めの頃の記事と比較してみてください!





画像

「文三」です。少し怖がりでなかなか手の上に乗りません。
頭の上にはよく乗ってくるんですけど。
昔は触られるのも実が手でしたが、最近は捕まえるのが楽になりました。
白っぽい毛が残っています。そのうち抜け替わるにかなあ?





画像

「桜子」です。指を出すと乗ってきます。
キーボードをたたいていると、指をつつきに来たり、手の中に潜ってきたりします。
でも最近は、少し警戒心が強くなった気がします。





画像

一応、オスメスの名前で呼んでいますが、いまだ性別が分かりません。
この写真でお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。



また、文三と桜子がもう少し詳しく出ているHPがありますので紹介させていただきます。

次回は、またシャボテン公園に戻りたいと思います。

このところ、ウェブリブログの調子が悪く、更新がこんな時間になってしまいました。
記事も一度消えてしまいましたし・・・。しっかりして欲しいですよね!




ブログランキング参加中です!!
クリックしていただけると助かります!
    











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今年も蝶の季節がやってきました!
ツマグロヒョウモン(メス) ...続きを見る
横浜発! あぶの自然調査隊
2007/07/09 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ヒヨドリは家の周りでギャーギャー集団で鳴くので、あまり好きでは無いのですが(笑)雛は可愛いですね。
見たことは無いですよ。
黄色の花も紫の花も名がわかりません。
色々な花が有るんですね。
私の家の周りにはコクワガタが居ます。
ヒカゲチョウも沢山飛んでいますが、ここに有る蝶とは模様が違いますね。
sumire
2007/07/04 09:02
ヒヨドリの巣の中、よく撮れましたね。
自然素材が豊富なんでしょうね、我が家の庭に作られた巣は、ほとんどがビニール紐でしたよ。
メンバラ
2007/07/04 09:23
ヒヨドリは警戒心が強いのに寄ってくるのはあぶさん宅が住み心地がいいからでしょうね。お人柄のせいかも知れません。

糞を水に溶かして残った種子などで何を食べているかなどを調べたりするんですよ。

黄色の花はミツバツチグリに似てるかなあと思ったりしましたが、あぶさんがお分かりならないのを、私などが分かるはずはありませんね。
どんこ
URL
2007/07/04 09:24
こんにちは。
ヒヨドリ可愛いですね。冬に餌台を置いていますがヒヨドリがやってきます。だいたいツガイで来ますよ。この鳥は単独ですね。時期的な事でしょうか。それともまだ独身なのかなぁ〜?ヒナも元気に育つと良いですね。あぶさん宅の文鳥さん達はずいぶん大きく、可愛くなりましたね。
青い花はリュウノヒゲの花と似ていますが、ちょっと違うような気もします。
野の花
2007/07/04 17:54
イチモンジハムシ、始めてみました。
首筋の模様がキュートですね。死んだ振りするお腹も可愛い!!
文鳥、オスメス分かりませんが、桜子は、目つきが優しいのでメスのような気が・・・・・(笑)
のんびり猫
2007/07/04 19:56
ヒヨドリ本当に可愛いですね。ヒヨドリって、
結構警戒心の強い鳥ですが、
わりと低い場所に巣などを作るのですね。
文鳥も可愛いですがオス、メスの区別は中々難しいですね。
毛色が微妙に違う所も有りますが判りませんです<m(__)m>。



ピータン
2007/07/04 19:57
階段にいたのはカブトの雌ですか。確か、鶴ヶ峰駅の近くに「ふれあい樹林」とか言う公園がありませんでしたっけ?そこも住処の一つではないでしょうか。
黄色いのはキバナノマツバニンジン(アマ科)でどうでしょう。最近見られるようになった帰化植物のようです。紫のは、ちょっとわかりませんでした・・・
YAKUMA
URL
2007/07/04 22:37
sumireさん
おはようございます。
今もヒヨドリがどこかで五月蝿い声で鳴いています。
小さな鳥とかをその鋭い嘴で突いて殺してしまうと言う事を聞いてから、私もあまりいい印象を持ってません。雛は可愛いです。
私の実家にもコクワガタがいましたよ!住宅地で近くに大きな林もないんですが、大きな栗の木が1本あって、そこに時々たかっていました。今はもう伐採してしまいましたが、思い出すと懐かしいです。
あぶ
2007/07/05 06:36
メンバラさん
低い場所に巣を作っていましたので運よく撮れました。
周りは住宅地でしたが、鎌倉は山もたくさんあるので素材には困らないんでしょうね。ヒヨドリのほかにもたくさんの鳥が飛んでいました。猛禽類も飛んでましたし、生物の多様性はある場所だと思いました。
あぶ
2007/07/05 06:40
どんこさん
ヒヨドリは警戒心が強いんですか?3mくらいまでは寄れそうですよ。
ベランダをフィリピン風にしているのが功を奏しているのかな?
鳥は本当に植物が広がってゆくのを助けているんだなあと実感します。
釣りの世界でも、胃の中に入っているものを調べて、ルアーの色を決めたり、フライのパターンを変えたりします。
ミツバツチグリを調べましたが、葉が違うようです。でも貴重な情報をありがとうございました。いづれは絶対に調べ上げますから、しばらくお待ちくださいね。
あぶ
2007/07/05 06:54
ヒヨドリはうるさいですがこうして見ると可愛いですね。
雛はもっと可愛いい!
文三 と 桜子ですか?
かわいくて目に入れても痛くない状態ですか?
鳥は飼ったことがなくてまったくわかりませんが。。。
綺麗な鳥ですね。
最近のBIGさん腹が立ちますね。イライラです(-_-;)
ろこ
2007/07/05 08:49
野の花さん、野の花さんの家にもやって来ますか。私も餌台置いてみようかな。平日のお昼は家が留守だから、楽しみも半減なんですけどね。紫色の花はやっぱりリュウノヒゲなんでしょうかね。そうではないかと思うんですが、確信が持てません。再度、よく調べてみることにします。
あぶ
2007/07/05 12:23
のんびり猫さん、何故イチモンジハムシなんでしょうね。ちなみに、ヨツボシハムシという虫も調べてみましたが、存在しました。でも羽に星のようなものがいびつに付いていましたが、イチモンジハムシの方が、ヨツボシハムシの名に相応しいと思いました。文鳥は実を言うと仲が良くもなく、同性なのではと思っています。同性の方が都合はいいのですが・・・。
あぶ
2007/07/05 12:36
ピータンさん、ヒヨドリの巣はかなりの薮の中にありました。その木を大分強く刈りましたので、ヒヨドリには悪いことをしました。無事に巣立ってくれるといいのですが。桜文鳥のオスメスの見分け方は難しいですね。慣れれば仕草や鳴き方でも分かるそうですが、初めての私にはさっぱりです。
あぶ
2007/07/05 12:47
YAKUMAさん、さすがです!ビンゴでした!YAKUMAさんなら分かるのではないかと思っていました。ありがとうございました!そういえば確か近くにクヌギの樹林はありました。入れそうな感じはありませんが。きっと私の知らない森がまだ沢山あるのでしょうね。まだまだ探検のしがいがある場所ということですね!
あぶ
2007/07/05 12:58
ろこさん
ヒヨドリも真正面から向き合えば可愛いものになります。
カラスだって飼えば可愛いそうです。喋ったりもできるみたいですし。
桜文鳥は飼ってみると意外にも可愛いです。
人懐こくて、甘えん坊です。ずっとケージから出して飼われている方もいるようですが、糞の処理が大変なのでうちでは時々出す程度です。でも、一日中一緒にいたい人の気持ちはよく分かります。
あぶ
2007/07/06 06:51
すみません。月から水まで、請求書の締めで会社に夜中行ってました。夜中は乗用車がなくていいですよ!(負け惜しみみたい・・) ヒヨドリは母もベランダに雛を一時、呼び寄せたのですが、糞がでっかい!とやめてしまいました。 しかしヒヨの雛、とってもきれいに撮れましたね!特徴的なお口やまだ開いていない目も見えますね。 カブト、♀だとあまり嬉しくないですね。 あぶさんちの文鳥さん達、すっかり大きくなりましたね。きれいです!
mint
2007/07/07 00:04
mintさん
給料計算で夜中まで・・・、相変わらずご苦労されているんですね。
今日はヒヨドリのほかにもドバトのつがいが来ていました。ベランダに大きな金魚鉢を置いているのですが、そこに遊びに来たようです。いつもミニパピルスに藻がくっついているのでおかしいとは思っていましたが、ドバトが藻を引っ張り出していたのかもしれません。
文鳥はあっという間に大人の姿になってしまいました。ちょっと前までは、餌にピヨピヨ鳴いてたんですけど。
あぶ
2007/07/09 00:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6月から7月の動植物 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる