横浜発! あぶの自然調査隊

アクセスカウンタ

zoom RSS テントウムシが盛り沢山! と、その他もろもろ

<<   作成日時 : 2007/06/15 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 32

横浜市港北区の現場で見たテントウムシを紹介します。




画像
少し前に紹介しましたが、アカホシテントウといいます。
梅の木にたくさん集っていました。理由はその餌にあります。
アカホシテントウは幼虫、成虫ともにカイガラムシを餌にします。
梅の木には、よくタマカタカイガラムシと言うカイガラムシが付きますが、
そのカイガラムシを食べる益虫です。




画像
シロホシテントウと言います。
図鑑によると、ウドンコ病菌を食べるようです。益虫ですね。




画像
こちらのテントウは、何テントウなのか図鑑やインターネットで調べましたが、
どうやらナミテントウらしいです。
ナミテントウは色々模様がありますが、四紋型という模様のナミテントウのようです。
写真の固体は羽の形が変形しています。踏み潰してしまったのかもしれません・・・。




画像
テントウムシのような昆虫がヒイラギモクセイの葉にくっついていました。
写真を撮らせてもらおうと近付いた瞬間、ノミのようにジャンプしてどこかに行ってしまいました。
これはただならぬテントウムシだと思い調べてみました。
すると意外なことが判明しました。この昆虫はテントウムシでなくハムシだったのです。
しかも名前は「ヘリグロテントウノミハムシ」という訳の分からない名前でした。
テントウのような外見で、ノミのようにジャンプするハムシだから、こういう名前になったのでしょう。
で、ハムシなのでもちろん害虫ということになります。







小さな池の周りを剪定していると、ヒラヒラと力ないトンボが飛び立ちました。



画像
ヤンマの仲間だと思うのですが、名前が分かりません。




画像
状況から察して、まだ羽化し立てのトンボだと思います。
時間がたてば黒と黄色のコントラストがもっとはっきりするのでは?
羽もピカピカに光ってまだ柔らかそうでした。




画像
こちらは小さな池の中にいたヤゴです。
上のトンボの幼虫かもしれませんね。







最後は港北区の季節の植物を紹介します。



画像
ナツツバキ  (ツバキ科 ナツツバキ属)

葉がすべて落ちた冬の木の樹形と木肌を見るのがこの木の醍醐味と思っていましたが、
花もなかなか堂々としていて素晴らしいではないかと思いました。




画像
ネジバナ (ラン科 ネジバナ属)

以前、ハッチの花散歩さんから、ネジバナは右巻きと左巻きがあるとコメントをいただき、
本当にそうなっているのか確認してみました。
上の写真のネジバナは左巻きですね。




画像
右巻きは・・・ありました! ほぼ半数くらいの感じで右左が別れていました。
でもどうしてこうなるんでしょうね?自然の法則は神秘的です。




画像
マユミ  (ニシキギ科ニシキギ属)

こちらはマユミの実です。以前に花を紹介しましたが、もうこんなに大きくなっています。




画像
カイズカイブキ  ( ヒノキ科 ネズミサシ属)

ヒノキの仲間だけあって、実の形がそっくりです。
よく見るとガンダムに出てくるハロに似ていると思いました。




ブログランキング参加中です!!
クリックしていただけると助かります!
    







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここ数日で出会いました(植物編)
ここ最近で気になった植物たちです。 なかなか細かいところまで見ている余裕がなくて、大雑把なものになってしまったかもしれませんが。 ...続きを見る
横浜発! あぶの自然調査隊
2007/07/29 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
テントウムシがカイガラムシやうどん粉病菌を食べてくれるとは知りませんでした。わが家の柑橘類にはカイガラムシが良くついていますし、梨の葉にはうどん粉病が発生しがちです。
テントウムシ様々だったのですね。

色々な情報、ありがとうございました。
どんこ
URL
2007/06/15 08:51
いつ以来でしょうか?と言う位久しぶりの投稿ですが…
そうなんですよね。てんとう虫って、益虫なんですよね。
でも、前にも言いましたが、なんでここでは害虫扱い…なんでしょう。本当にわかりません。それにしても、こっちでは、たんぽぽが、真っ白です。以下月前は郊外に出れば真黄色だったんですけどね。こっちでは雑草の代表格ですが、この雑草は、本当の強いですね。日本でも席巻してる???位ですから。
ですよね?あぶさん。
LIVESTRONG
2007/06/15 11:44
訂正です。
以下月前 → 一ヶ月前
です。
LIVESTRONG
2007/06/15 11:45
テントウムシですね!何だか宝石を見ているようです。キラキラ光っていますね。トンボのアップの写真は迫力があります。自分もいつかこのように撮ってみたいものです。
夏椿は僕も撮りましたよ。いよいよ夏も盛り上がりを見せて来ましたね。
庭花
2007/06/15 14:44
虫たちは苦手ですが、てんとう虫は可愛いですねぇ! たまに家の中に入り込んできて遊んでもらっています。
ネジバナの右巻き、左巻き、見つかりましたね!! ネジバナはどっちでもありなんですね、どうしてでしょうね。 近所ではやっと最近咲き始めたところです。私も探しま〜す。
ハッチ
2007/06/15 20:28
テントウムシも沢山居ますが、やはり七星テントウが一番可愛いですね。
先日我が家の庭先に居たテントウムシも蛹今は抜け殻だけあります、

植物も右巻きと左巻きがあるのですね、
左巻きと決まっているのかと思っていました、今度良く見てみます。
おとと
2007/06/15 21:49
テントウムシに似た虫もいるのですね。びっくりしました。
以前私も田んぼの脇を流れる小川に近づいたとき、力なく飛ぶトンボに出会ったことがあります。羽化したてだったのでしょうね。
YAKUMA
URL
2007/06/15 22:10
シロホシテントウがうどん粉病菌を食べてくれるとは驚きました。初めて知りました。
てんとう虫そっくりなハムシも初めて知りました。今まで見かけてもてんとう虫と思って見ていたんだろうと思います。
色々勉強させていただきました。
どんぐり子
URL
2007/06/16 00:40
テントウムシの仲間もいろいろいるんですね!!
トンボ(ヤブヤンマかな?)はかなり大きそうですね。
カイヅカイブキの実までテントウムシに見えてしまいました・・・こちらではナシ赤星病の病原菌の宿主になるということで、滅多に見られない木なもので(言い訳、大汗;)
matsumaru
URL
2007/06/16 05:00
テントウムシがカイガラムシを食べるのは知って、
いましたが
うどんこ病原菌を食べるのは知りませんでした。
ほんとテントウムシを大切にしなくては(*^_^*)
テントウムシを素手で押さえると臭い体液を、
出しますね あれは護身のための物ですかね?
ピータン
2007/06/16 06:19
ガンダムのハロ・・・(笑)そっくりです。
カイガラムシもうどん粉病も発生するので、是非ウチにも来て欲しいテントウムシですね。
ウチの方も梨畑があるので、カイヅカイブキを植えることは禁じられています。その理由は知らなかったのですが、宿主ですか?
のんびり猫
2007/06/16 08:52
ベランダで見かけたテントウムシは一番上の写真に似ていましたが、もしかしたら、似たハムシだったのかも知れません。
ネジバナ・・・左巻き、右巻き両方写したんですね。
私も今度は左巻きを探してみます。
sumire
2007/06/16 13:53
どんこさん
テントウムシって優秀ですよね。
ナナホシテントウやナミテントウがアブラムシを食べてくれることは有名ですが、カイガラムシやウドンコ病菌まで食べてくれるとは私も知りませんでした。
あぶ
2007/06/17 00:06
LIVESTRONGさん
テントウムシにも益虫と害虫がいるって知ってますか?
ニジュウヤボシテントウなどはナス科の植物の葉を食べるので害虫です。そちらのテントウは何を食べるのでしょうね?
タンポポがたくさんですか、それも雑草扱いですか、じゃあタンポポの根でタンポポコーヒー作ってみましょう!昔作ったことがありますが、結構いける味でしたよ。
あぶ
2007/06/17 00:11
庭花さん
テントウムシはここ最近でたくさんの種類を見ることができました。それがとても嬉しいです。
トンボは生まれたてをたまたま見付けただけです。近寄っても逃げも隠れもしませんでした。
ナツツバキがお好きですか、以前はシモクレンが好きだとおっしゃっていたような気がします。庭花さんの花の好みが分かってきた様な気がします。
あぶ
2007/06/17 00:17
ハッチさん
昆虫がお嫌いですか?時々不快な思いをさせてしまって済みません。
これから昆虫の季節なので・・・大変申し訳ございません。
なるべくかわいい奴だけ載せますね。
ネジバナはすぐに見つかりました。本当にあるんですねえ。ちょっと驚きました。まだまだ知らないことがたくさんありますね、勉強になりました。
あぶ
2007/06/17 00:25
おととさん
テントウムシと言えばナナホシテントウですよね!
テントウムシをなんとなく観察していると、成虫になるまでの期間があっという間だという事に驚きます。
ネジバナの巻き方はぜひ見てください。不思議ですよ。
あぶ
2007/06/17 00:29
YAKUMAさん
このハムシに近付いたとたん飛び跳ねて逃げたのには魂消ました。
ヘリグロテントウノミハムシ、この虫にぴったりの名前です。
トンボが羽化する環境にも久々に出会いました。ここで生まれたトンボがたくさん飛んでいましたよ。こんな環境を大切にしたいですね。
あぶ
2007/06/17 00:36
うちの「ナミテントウ」らしきものは、その後どうしたのか?
気になりますが、今のところ見かけません。
幼虫から成虫になるところを観察してみたい気もしますが
勇気はありません。
せつこ
URL
2007/06/17 00:49
昆虫は苦手ですが、写真は平気なのでお気になさらずにドンドンUPしちゃってくださいねぇ!!
因みに、写真を撮っている時も平気になってしまう、訳のわからない私です。
ハッチ
2007/06/17 01:36
天道虫オンパレードですね。ハムシも種類が沢山だし、小さいし、同定するのは難しいです・・はあ〜ってなっちゃってね、ハムシの仲間って・・・ ヤンマ、きれいですね!羽化仕立ての感じです。昨日自分もギンヤンマが飛んでいるのを見かけちょっと追いかけてみました。
ネジバナ、未だ見てなあい!! マユミの赤くなった実がかわいくて好き!
mint
2007/06/17 03:09
テントウムシって色々なんですね。
まだ他にもいるんでしょうね。びっくりです。
ネジバナは右巻き左巻きが半半なんですね。私はこの花に出会える機会がなくて・・・
たくさん咲いている所を一度見たいです。
羽の透き通ったトンボ綺麗ですね!
ろこ
2007/06/17 17:08
どんぐり子さん
私も初めて知りました。菌だけに殺菌剤のように劇的な効果を発揮するものではないのでしょうか、あまり知られませんね。
ハムシにもびっくりです。じっとしているテントウムシがノミのように跳ねるんですよ。最初見たときは、急にいなくなるのでどうしてなのか状況が分かりませんでした。
ファーブルさんが、この世界にのめり込んだ訳が少しばかり分かった気がします。
あぶ
2007/06/18 06:41
matsumaruさん
トンボの種類が分からなくて、matsumaruさんなら分かるかなと思っていましたが、ヤブヤンマの仲間っぽいですか?オニヤンマよりはふた周りくらい、ギンヤンマより小さかったか同じくらいだと思います。
カイヅカが宿主になることは知っていましたが、梨農家や周辺の方はそこまでカイヅカに気を遣って暮らしているんですね。私もそういう目で見て生きたいと思います。ありがとうございました。
あぶ
2007/06/18 06:48
ピータンさん、人の味方をしてくれるテントウムシは沢山いるのですね。こういうテントウムシにどんどん増えてほしいです。臭い液でしたっけ?苦い液だったような気もします。舐めて苦かった経験、あったような・・・。
あぶ
2007/06/18 07:54
のんびり猫さん、眼のような点がありますが、私が付けたものではありません。梨畑の近くに植えてはいけない事は初めて知りました。こう言ったタブーは覚えていると役に立ちますし、トラブルを未然に防止できますから、貴重な知識になります。
あぶ
2007/06/18 08:07
sumireさん
このハムシはヒイラギモクセイに付くハムシでした。最近はやりの虫のようです。やはり温暖化の影響でしょうか。
右巻き、左巻き、不思議ですね。どちらに巻くのか、どうやって決めるのでしょうか。ネジバナにも気分みたいなものがあるのかな?
あぶ
2007/06/19 06:52
せつこさん
テントウは幼虫から成虫になっても、結構同じところにいるのを見かけます。近くにいるような気がします。
テントウの観察、面白いと思いますよ。結構成長が早いので、じれったさもないと思います。幼虫の姿は特に気持ち悪いかもしれませんが・・・。
あぶ
2007/06/19 06:57
mintさん
ハムシは確かにたくさんいて、同定が非常に難しい場合がありますね。
今回は、特徴があって、ヒイラギモクセイの葉に付いていたので、すぐに分かりましたが。
マユミの赤い実は私も好きですよ。毎月1回ぐらい実の変化を追って生きたいと思います。
あぶ
2007/06/19 07:00
ろこさん
テントウムシの種類はたくさんいますが、なかなか会う機会がなくて、このようにたくさん会えるととても嬉しいです。
ネジバナがどちら巻きかなんて考えたことがなく、どちら巻きも有りだったとは驚きです。芝生地にたくさん出ているのを見かけますが、雑草扱いで刈り取られたり、除草剤をかけられたり。かわいそうな植物です。
トンボは羽が綺麗で、面白い感じに光っていました。大空を縦横無尽に羽ばたくまでもう少しです。
あぶ
2007/06/19 07:11
こんにちは。テントウ虫は本当に益虫ですね。ムクゲに付いたアブラムシを食べてもらってとても助かったんですが、カイガラムシやうどんこ病の菌まで食するんですね、すごいなぁ〜。
トンボの羽化も良い画像ですね。
散歩道で、マユミかな〜と思っていた花は、やっぱりマユミでした。
野の花
2007/06/20 17:41
野の花さん
テントウムシも、中にはナスなどの葉を食べる種類もいますので、ご注意ください。まあ、大抵は益虫ですけど。
トンボはとても綺麗でした。とても弱弱しくて手助けしたいような。
マユミは特徴という特徴がないので突然出てきても分かりにくいですね。秋には実が赤くなるんですよね。上品な色ですよ。
あぶ
2007/06/20 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テントウムシが盛り沢山! と、その他もろもろ 横浜発! あぶの自然調査隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる